スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒海/シー・レベル

1976年のオールマン・ブラザーズ・バンド解散後すぐに、メンバーの3人、チャック・リーヴェル、“ジェイモー”ジェイ・ジョハンソン、 ラマー・ウィリアムズが結成したバンド、シー・レベル

オールマンの後、どのようなバンドで、どのような演奏をしていたのか気になっていたのですが、随分経ってからですが、手にしました。
シー・レヴェル(←アルバム表記はこうでした)の、

Sea Level」(邦題:「荒海」)

Sea Level(荒海)1977年、キャプリコーンから出された、シー・レベルのデビュー・アルバムになりますね。
国内盤の中古を手に入れました。

オールマンの3人に加えて、ギターにはジミー・ナルスが加入してます。
って、すいません、このギタリストは、シー・レベルでしか知りません。

で、アルバムですが、サザン・ロックをイメージしていると、ちょっと肩すかしを食うかもしれませんね。
確かにその雰囲気は残しつつも、ジャズ、フュージョン系の香りが強いです。というか、ほとんどフュージョンかな。

アルバム全8曲中、5曲がインストで、大きくアドリブが展開されているのも、その感じを更に強くしていますね。
ただ、スカッとした演奏が気持ちいいですよ。

1曲目のインスト「スペインの雨(Rain in Spain)」から、チャック・リーヴェルのピアノのリフも印象的で、ギターが激しくソロで絡んできます。
この曲を聴いて、「おっ、ジミー・ナルス、カッコいい」って感じです(笑)

チャック・リーヴェルのあのコロコロ転がって弾けるようなピアノと、ラマー・ウィリアムズとジェイモーのリズム隊が絡み、そこにギター・ソロが入ってくると、時折、オールマンを思わせる瞬間がありますね。

A面2曲目の「シェイク・ア・レッグ(Shake a Leg)」はドクター・ジョンを思わせる、ニューオーリンズ・スタイルの曲調が面白く、ホーンもいい感じで絡んできます。

A面4曲目の「カントリー・フール(Country Fool)」等で、ジミー・ナルスのギターは、時にディッキー・ベッツを思わせるスライドや、ハードで泥臭い演奏も聴かせてくれて、なかなか面白いですね。

変わった所では、B面3曲目の名曲「スカボロー・フェア(Scarborough Fair)」をピアノ中心のインストで、よりジャジーにオシャレに演奏しています。

上記の3曲はどちらかというと、ちょっと毛色の違った曲で、アルバム通して聴くと、チャック・リーヴェル色がかなり強く出た、演奏自体に重点を置いたフュージョン色の強いサウンド、というのが、このアルバムの特徴なのでしょうね。

残念ながら、シー・レベルで所有しているレコードは、この1枚のみです。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : シー・レベル Sea Level 荒海 チャック・リーヴェル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。