スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Say No More/レス・デューディック

この人の名前とギターは、ゲストとして参加していた、オールマンの「ブラザーズ&シスターズ(Brothers And Sisters)」(1973年)で初めて聴きました。

そこでのギターが本当にかっこ良かったんですよね~
レス・デューディック(Les Dudek)です。手にしたアルバムは、

Say No More「Say No More」

1977年発表のソロとしては2枚目です。
先に言いますと、レス・デューディックのソロ・アルバムは数枚出ているようですが、所有しているのは、残念ながらこの1枚だけです。

キャリアの詳細はちょっと分からないのですが、当時は色々なセッションに参加していたのでしょうね。

私が所有していた中では、ボズ・スキャッグスの「シルク・ディグリーズ(Silk Degrees)」(1976年)なんかにも参加していて、結構驚いたものです。
(そこでは、かなり渋いスライドを聴かせてくれてます)

前述のオールマンの「ブラザーズ&シスターズ(Brothers And Sisters)」なんかは、そのままメンバーになっても良かったくらいにフィットしていたと思うのですが、どうでしょうか。

さて、このアルバムについてですが、まず参加メンバーを見てみると、TOTOのジェフ・ポーカロとデヴィッド・ペイチの名前がありますね。
ギターは全てレス・デューディックで、ヴォーカルもとってます。

A面1曲目の「Jailabamboozle」から、歯切れのいいソウルフルでファンキーなサウンドで、オールマンの時のサザン・ロックをイメージしていると、ちょっと感じが違いますね。
A面3曲目のインスト「One to Beam Up」なんかは、ほとんどフージョンと言った感じでギターを弾きまくってますね。

サザン・ロックの括りのつもりで手に入れて聴いたのですが、そういう範疇ではなく、サウンド的にはリズムが効いていて、かなり洗練された音作りでもありますよね。
これは、アルバム通してそうですね。

ただ、そこに、実にカッコ良くて心地よい、ご機嫌なギターが、時にスライドも絡めて入ってくるので、たっぷりレス・デューディックのギターを楽しめるのは間違いないです。
B面4曲目のインストの「Zorro Rides Again」なんかも、かなりリズムがバシバシで、ギターも弾きまくってますよ。

そして、アルバム最後のB面5曲目はアコギのバックで、しみじみと聴かせてくれてます。

いやいや、このアルバムは久しぶりに聴いたのですが、このお方のギター、かなりいいですね~!

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでLes Dudekをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : レス・デューディック Say No More Les Dudek

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。