スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wild-Eyed Southern Boys/38スペシャル

フロリダ州、ジャクソンヴィルでドニー・ヴァン・ザント(ヴォーカル)とドン・バーンズ(ギター&ヴォーカル)を中心に結成されたバンド、38スペシャル
手にしたアルバムは、

Wild-Eyed Southern Boys

Wild-Eyed Southern Boys1981年発売の4枚目ですかね。中古の輸入盤を手にしました。

もちろん、ドニー・ヴァン・ザントは、レーナード・スキナードの悲劇の死を遂げた、ロニー・ヴァン・ザントの弟ですね。
結成は1975年ですが、38スペシャルのアルバム・デビューは、その飛行機墜落事故と同年の1977年なんですよね。

個人的には、元々はアルバム「Tour De Force」(1984年)を友人から借りて、カセットテープで聴いていたのが最初でした。

括りでは、サザン・ロック・バンドということになっているようですが、サウンド的には、恐らく当時好まれていた、ハードだけどメロディアスといった感じの、かなりポップで、キャッチーな音作りですね。

例えば、よく引き合いに出されるのが、ジャーニーやフォリナー、TOTOといった人気バンドですかね。

38スペシャルも、80年代前半でかなりヒット曲を出して、売れていたのではないでしょうか。

ただ、私が所有しているのは、このアルバム1枚のみで、それ以外の盤には手が伸びなかったのが正直な所です。
コマーシャル的云々は全然問題ないのですが、そうではなくて、ちょっとハード過ぎて…。

アルバムに針を落とすと、まずは1曲目の「Hold On Loosely」が、まさしくこのバンドのスタンスを現すような、ポップ感も兼ね備えたハードでキャッチーな曲ですね。

もしサザン・ロックをイメージするならば、B面2曲目の「Honky Tonk Dancer」が、女性コーラスも絡み。かなり乾いた感じで土の香りする、南部っぽい音と言えそうで、かなりカッコいいです。

なんだかんだ言っても、アルバム通して聴くと、やはりそこは南部のバンド。
ツインドラムに疾走感溢れるギターとくれば、迫力あって、時には土臭さも感じられてカッコいいですよ。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes Storeで38 Specialをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : 38スペシャル Wild-Eyed Southern Boys 38 Special ドニー・ヴァン・ザント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。