スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rock My Soul/エルヴィン・ビショップ・バンド

最初にバターフィールド・ブルース・バンドで聴いて、もちろんマイク・ブルームフィールドのギターに注目していたのですが、何だか、主にサイド・ギターを受け持ち、時にガツンとストレートに迫る、エルヴィン・ビショップのギターもかなり気になっていたんですよね。

これまでこのブログで、エルヴィン・ビショップの初期のアルバムは、デビュー・アルバムと2枚目が登場してますので、次はこの、

Rock My Soul

Rock My Soul1972年発表のソロ(グループ名義ですが)3作目ですね。
ただ、これまでの名義が、~グループだったのが、~バンドに変わってますね。

それまでのエルヴィン・ビショップ・グループの2枚もそうでしたが、バターフィールド・ブルース・バンド脱退後はブルース色はさほど強くなく、というか薄れていて、R&Bっぽかったり、ソウルフルでポップな方向になってたんですよね。

で、このアルバムですが、ブルース色はやはり薄い、というかほとんどありません。

ただ、このアルバムの特徴でもあるのが、エルヴィン・ビショップと共同プロデュースで、デラニー・ブラムレットが参加していることで、そのせいか、アルバムには南部のスワンプ系の香りもしてきますね。

前作では確か1曲しかとっていなかったエルヴィン・ビショップのヴォーカルも、このアルバムでは数曲で、あのちょっと頼りなさげで、楽しげな歌声を聴かせてくれています。

ヴォーカルと言えば、前作「Feel It!」にも参加している女性黒人歌手、ジョー・ベイカーの力強いソウルフルな歌声が、大きくフューチャーされてますね。
ちなみに、デラニー&ボニー共に録音にも参加してます。

アルバムの内容としては、1曲目のアルバム・タイトルにもなっている「Rock My Soul」は、ホーンも効果的でソウルフルでロックな仕上がりですね。

A面4曲目の「Don't Mind If I Do」やB面1曲目の「Have A Good Time」なんかは、エルヴィン・ビショップのヴォーカルがご機嫌で、スワンプ系の楽しげなサウンドです。

A面最後のミディアム・ナンバーの「Last Mile」のエルヴィン・ビショップとデラニー・ブラムレットによるスライド・ギターが味わい深くていいですね~。こういう曲、好きです。

アルバム最後の「Stomp」は、いかにもエルヴィン・ビショップらしい、ブルース・フレーバー溢れるスライド・ギターがたっぷりのインストで賑やかに締めくくってます。

共作の1作を含めて、全て自身による作品なんですよね。
このあたり、ソングライターとしての才能も見せてますよね。
このアルバム、派手なアルバムではないですが、結構気に入ってます。

ところで、すっかり年もあけてしまいましたが、皆様、今年もよろしくお願いいたします。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでElvin Bishopをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : エルヴィン・ビショップ エルヴィン・ビショップ・バンド Rock My Soul

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。