スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Let It Flow/エルヴィン・ビショップ

そろそろこのブログでも、バターフィールド・ブルース・バンドのギターという説明も不要かもしれないですね。
エルヴィン・ビショップです。今回のアルバムは、

Let It Flow

Let It Flow1974年発表。ソロとしては4作目になるのですが、このアルバムから、~グループや~バンドではなくて、エルヴィン・ビショップ名義のアルバムになってますね。

これまでは、どちらかというと、ブルースをルーツにしながらもソウル色が強いサウンドだったのですが、このアルバムでは同じくブルースをベースにしつつも、レイドバックした、南部色の強いサウンドを聴かせてくれています。

何と言っても、このアルバムからレーベルがキャプリコーンに移ってますからね。
ゲストにはさすがにキャプリコーン、
ディッキー・ベッツ、マーシャル・タッカー・バンドのトイ・コールドウェル、そしてチャーリー・ダニエルズといった、サザン・ロックの強者が参加してますね。

とにかく、このアルバムは、肩の力が抜けていて、いかにも自然体といった感じのサウンドが心地良いです。
なにより、本人が気持ち良さそうに演奏し歌っているのが伝わってきます。

アルバム1曲目の「Sunshine Special」からまさにそんな感じ。
A面2曲目の「Ground Hog」も小気味良いギターのリフに続いてスライドが入ってきて、ノリの良い演奏を聴かせてくれます。

A面最後の「Travelin' Shoes」は軽快で楽しい曲で、スライド・ギターも入り、たぶんディッキー・ベッツとによるツイン・ギターは、一瞬オールマンも思わせる爽快さで、カントリーっぽさも漂わせて最高ですね。

A面は全体的にブルース・ベースでかなりノリの良いファンキーな仕上がりで、聴いていてスカットして、カッコいいですね。

B面は更にレイドバックしていて、カントリー色も強く、よりリラックスしたサウンドが展開されてます。

B面1曲目のアルバム・タイトル曲の「Let It Flow」はポップなソウルといった感じもするのですが、その他の曲も含めて、エルヴィン・ビショップのボーカルが入ると、一気に彼の世界ですね。

B面3曲目の「Fishin'」は、フィドルなんかもフューチャーされていて、何ともリラックスし過ぎのお気楽な感じで、楽しいですね(笑)
後ろで聴こえているのはウォッシュボードかな?

そういえば、アルバム・ジャケットも良いですよね。内容を表してますね。

個人的には、このアルバムはサウンド的にも転機になっているように思っていて、この頃のエルヴィン・ビショップが特に好きなんですよね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでElvin Bishopをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : エルヴィン・ビショップ Let It Flow

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。