スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムーンドッグ・マチネー/ザ・バンド

このアルバムを、それまでのアルバムと単純に比較することはできないですが、とにかく極上のカヴァー・アルバムではないでしょうか。ザ・バンドの、

ムーンドッグ・マチネー」(Moondog Matinee)

ムーンドッグ・マチネー1973年発表。前作のライブ・アルバム「ロック・オブ・エイジズ」に続く6作目ですね。

中古の輸入盤を入手したので、残念ながら、ジャケットを覆っていたイラストのポスターは付いてないんですよね。

全曲カヴァーで異色の一枚、なんて言われたりして、R&RやR&Bの偉大なミュージシャンの名曲を取り上げているのですが、見事にザ・バンドの音になってますね。

このアルバムの録音前は、バンドとしてかなり難しい時期だったようで、リチャード・マニュエルなんかも、かなりヘロヘロで危なかったようですね。
そんな中で生まれたこのアルバムは、原点回帰であり、更には次へと進むための必要なステップだったのかな、なんて考えたりします。

アルバムを聴くと、バンド演奏の音があまりいじられてない、ナチュラルな音で、肩に力が入ってない実にいい感じですね。

相変わらず、リヴォン・ヘルム、リック・ダンコ、リチャード・マニュエルの3人の歌声はいいです。

リヴォン・ヘルムは、A面1曲目の南部っぽさたっぷりの「流れ者(Ain't Got No Home)」やA面4曲目のプレスリーもカヴァーしたジュニア・パーカーの「ミステリー・トレイン(Mystery Train)」で気持ち良さそうに歌い放ってますね。
B面1曲目のチャック・ベリーの「プロミスト・ランド(The Promised Land)」もリヴォンのヴォーカルによります。

リチャード・マニュエルは、何といってもA面3曲目のボビー・"ブルー"・ブランドの「シェア・ユア・ラヴ(Share Your Love)」が最高ですね。
B面2曲目の「グレート・プリテンダー(The Great Pretender)」もですが、リチャード・マニュエルのヴォーカル、特にバラードは本当に染みてきます。

A面5曲目「第三の男(Third Man Theme)」はガース・ハドソンの見せ場ですよね。何ともいい雰囲気です。
それに、ガースの演奏は全編に渡って、見事にサウンドを支えてますね。

あまり目立ってはいませんが、ロビー・ロバートソンのギターは渋いバッキング(と、気の利いたちょっとしたソロ)に徹していて、改めて、ロビー・ロバートソンのギターの上手さを感じます。

アルバム最後は、リック・ダンコのヴォーカルによる、サム・クックの「ア・チェンジ・イズ・ゴナ・カム(A Change Is Gonna Come)」で、ファルセット気味のヴォーカルは秀逸です。

『流れ者のブルース ザ・バンド』(バーニー・ホスキンズ著 奥田祐士 訳)に載っていた言葉ですが、なるほど、さながら、

魔法のジュークボックス

ですね。どの曲も聴きごたえがあって、いいアルバムです。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
◆Amazonでザ・バンドをチェックする。

◆iTunes StoreでMoondog Matinee - ザ・バンドをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ザ・バンド ムーンドッグ・マチネー カヴァー・アルバム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どうも!
私も大好きな1枚
不調のBANDが原点回帰した1枚って感じです
R&R永遠なれって想いがします

Re: No title

SNAKEさん、こんばんは!
SNAKEさんの記事も読みましたよ。
このアルバムいいですよね。
演奏もストレートです。
プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。