スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライ・クーダー・ファースト

スライド・ギターの名手でルーツ・ミュージックの旅先案内人、ライ・クーダー
このアルバムがその始まりになるわけですね。

ライ・クーダー・ファーストRy Cooder)」

ライ・クーダー・ファースト1970年発表のソロ・デビュー・アルバムです。

手にしたのは中古の輸入盤で、再発盤です。
何たって、ジャケット自体に『Historic Recordings』って印刷されてますからね(笑)

それにしても、この方、この頃は既にあちこちのアルバムに参加してますよね。
デビュー前で有名なのは、ストーンズのアルバム「レット・イット・ブリード」(1969年)に参加していますし、その後も何だか、私が聴いたアルバムにもよく名前が出てるんですよね。
調べてみようかとも思ったのですが、キリがなさそうなので止めました(笑)

で、このデビュー・アルバムですが、全体的な印象は、やはりと言いますか、アメリカン・ルーツ・ミュージックをベースに、かなり渋く演奏されております。
感じとしては、A面はフォーク調が強く、B面はブルース色が強く出てますかね。

それと、このアルバムではスライド・ギターをたっぷり聴くことができるのが嬉しいですね。
全編に渡って、既に名手ぶりを存分に発揮してます。

収録曲では、A面4曲目のウッディ・ガスリーのナンバー「Do RE Mi」やB面1曲目の自身作のインスト曲「Available Space」、B面4曲目のスリーピー・ジョン・エステスの「Goin' To Brownsville」の見事なカントリー・ブルース、なんかが気になる所ですね。

そして、アルバム最後のB面5曲目、ブラインド・ウィリー・ジョンソンの「Dark Is The Night」はアコースティック・ギターによるインストなんですが、とにかくスライドが味わい深くて素晴らしいです。

アルバムを聴いていると、その後に聴かれる多様な音楽性の前段階として、ブルースやフォークのアメリカン・ルーツ・ミュージックを素朴に純粋に楽しんでいる感じがします。

いずれにしても、その後の幅広い、音楽性豊かなライ・クーダーの音楽の原点がここにあるんですよね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでRy Cooder - ライ・クーダーをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ライ・クーダー ファースト デビュー・アルバム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どうも!
不滅の名盤ですね
若き天才の魅力たっぷりって感じのアメリカンミュージックの決定盤ですね

Re: No title

SNAKEさん、どうも!
やはり名盤ですよね、これ!
これぞ、アメリカンミュージックって感じ。
ホント、若くしてすでに貫禄さえ感じます。
プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。