スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イーグルス・ファースト

言わずと知れたアメリカを代表するロック・バンド、イーグルスの記念すべきデビュー・アルバムですね

イーグルス・ファースト」(Eagles

イーグルス・ファースト1972年発表。国内盤の中古を手にしました。

このブログでは、先にベスト・アルバムが登場してますが、実際最初に聴いたのもそのベスト・アルバムでした。
でも、やはりオリジナルのしかもデビューアルバムとなると、どうしても聴きたくなって、このアルバムを追っかけ手にしたわけです。

そもそも、リンダ・ロンシュタットのバックバンドに参加した4人、グレン・フライ、ドン・ヘンリー、ランディ・マイズナー、そしてフライング・ブリトー・ブラザーズにもいたバーニー・レドン(バーニー・リードンとも表記されるようです)によって1971年に結成された、というのは有名な話ですよね。

レーベルはリンダ・ロンシュタットが所属していた、ロサンゼルスを拠点としていたアサイラム・レコードからです。

既に、このデビュー・アルバムから、素晴らしい楽曲が並び、4人全員がリードボーカルをとり、抜群のコーラスワークを聴かせてくれています。ホントに素晴らしい。

カントリー・フレーバー溢れる、爽やかで、時にリラックスした乾いたサウンドは、ウエスト・コースト・ロックのイメージそのものとも言えます。

収録曲ではやはり、グレン・フライがジャクソン・ブラウンと共作した、アルバム1曲目の「テイク・イット・イージー(Take It Easy)」が代表曲となるのでしょうね。

他にも、A面2曲目の「魔女のささやき(Witchy Woman)」やB面4曲目の「ピースフル・イージー・フィーリング(Peaceful Easy Feeling)」といった人気の曲も、既にこのデビュー・アルバムに収められてるんですよね。

ただ、バーニー・レドンのバンジョーがフューチャーされた、B面3曲目「早起き鳥(Earlybird)」なんかが、初期のイーグルスのサウンドとして特徴的と言えるのかもしれません。

この後、ご存知のように、徐々にハードな音も加わってロック色を強くしていくわけですが、初期の頃のカントリー・ロック色の強いサウンドもかなり魅力的です。

というか、イーグルスの初期の音は、個人的にはかなり好きですね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでEagles - イーグルスをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : イーグルス Eagles イーグルス・ファースト テイク・イット・イージー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

来ましたね!
これも大好きな1枚!
昨年の来日行きましたね
もう1年ぐらいたつんかな・・・・
イーグルスはロングランから逆行して聴いたのですがグッとくる1枚です

Re: No title

SNAKEさん、こんばんは~
イーグルスはほんと素晴らしいですが、
初期のアルバムは、これまた良いですよね。
来日したんですよね。
観に行ったんですよね。いいな~

1st!

ワタシも1stが好きです。
2004年東京ドーム行きました。
2011年は、やめときました。
初期のバンジョーとストリングベンダーがイイんですよね。
イーグルスデビューの1971年生まれです。

Re: 1st!

しけぶるさん、こんばんは。
そうだ~、ストリングベンダーも使ってるんですよね。
1stは良いですよね。
私も東京にいる時に一度観に行ったのですが、何年だったかな?
イーグルスは今聴いても素晴らしいですね。
プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。