スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J.J.ケイルの5th

究極のマイペースとでも言いますか、淡々と我が道を行く、実に味わい深い職人さんですね。
J.J.ケイルです。アルバムは、

5

J.J.ケイル 5th1979年発表で、説明するまでもない5枚目のアルバムです(笑)
シェルターから出されてます。

このシンプルというか、ぶっきらぼうというか、単純なアルバム・タイトルの付け方も、この人らしいのでしょうかね。

中古の輸入盤を手にしたのですが、J.J.ケイルの場合、国内盤のライナーノーツでもないと、相変わらずアルバムの情報が全然分かりません。

アルバムを聴くと、いつものように、つぶやくようなしゃがれた声、そして、つぼを押さえた渋いギター。
聴く人によっては退屈とも思えるこの音楽ですが、この人の魅力満載とも言えますよね(笑)

基本的にどの曲も感情を押さえ気味なのはいつもの事です。

収録曲では、A面4曲目の「Don't Cry Sister」なんかは“らしい”曲で、いい曲です。

A面6曲目(A面最後)の「Sensitive Kind」は、サンタナがカバーしていて、1981年にヒットしてますね。
(アルバム「ジーバップ(Zebop)」に収録されてますが、よく、この曲をチョイスしたものですね)

B面2曲目の「Lou-Easy-Ann」は、ブルース・フィーリングたっぷりに味のある枯れた演奏で、これは中でも特に気に入ってます。

どちらかというと異色と言えるのが、B面4曲目の「Katy Kool Lady」で、なんだか、ちょっとだけ陽気なリズムなんですが、やっぱりJ.J.ケイルのサウンドになるんですよね(^-^;

アルバム通して、あまりにもゆったりとした上、かなり押さえ気味で、人によってはどの曲も一緒で苦手だという方も多いかもしれませんが、淡々とリズムを刻んでいくバックの演奏と、それに絡むいぶし銀のギター、そして、押し殺したような哀愁漂うヴォーカル。

いいんですよね~、J.J.ケイルの世界(笑)


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes Storeで5 - J.J.ケイルをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : J.J.ケイル 5

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【アナログレコード回顧録】

究極のマイペースとでも言いますか、淡々と我が道を行く、実に味わい深い職人さんですね。J.J.ケイルです。アルバムは、「5」1979年発表で、説明するまでもない5枚目のアルバムです(笑)シェルターから出されてます。このシンプルというか、ぶっきらぼうというか、単純な...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。