スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイ・タイム/ボズ・スキャッグス

初めて耳にした時には、その都会的と言うか、甘いサウンドが今ひとつ苦手だったものの、前回登場した「ボズ・スキャッグス&デュアン・オールマン」を聴いて、R&Bやブルースをベースにしたソウルフルなサウンドをルーツにしている事を知った、ボズ・スキャッグスです。

で、その後の音楽的な変遷も気になって、ソロ・アルバムを何枚か手にしました。
このブログでは、先に大ヒット・アルバム「シルク・ディグリーズ」(1976年)も登場してますが、今回は、

マイ・タイム」(My Time

マイ・タイム1972年発表。中古の輸入盤を手にしました。
その前回の登場したアルバム「ボズ・スキャッグス&デュアン・オールマン」(1969年)の後には、「モーメンツ」(1970年)、「ボズ・スキャッグス&バンド」(1971年)と発表されていて(この2枚は持ってません)、その後に出されたアルバムですね。

まだまだ、ソウル、R&B色が前面に出ていてますが(ロックの香りもちょこっと残ってます)、既にその後の一般的に知られている、甘めのサウンドが垣間見えますね。

アルバムとしては、ボズ・スキャッグスが自らプロデュースして、自分の好きなR&Bをベースにやりたい音楽をやっているという感じなんですね。
自作曲の他、アル・グリーンやアラン・トゥーサンのカバーも入ってます。

ボズ・スキャッグスは声質のせいもあるんでしょうが、やはり全体的にはメローな雰囲気が漂っちゃいますね。

それでも、甘めではあるけど軽快なA面1曲目の「ダイナ・フロー(Dinah Flo)」から最後のバラードの「マイ・タイム(My Time)」まで、R&B色を出しつつ、全体的に味のあるサウンドを展開しています。

B面2曲目のアラン・トゥーサンの「フリーダム・フォー・ザ・スタリオン(Freedam for the Stallion)」なんかもとてもいい雰囲気を醸し出してますよ。

しっとりと落ち着いた雰囲気の曲なんかは(「マイ・タイム(My Time)」とか)、既にその後の彼のサウンドを十分イメージできますね。

そして、これから更にバラード中心にポップ色を強めていくんですね。
(個人的な好みからは、残念ながら遠ざかっていくんですが…)


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでBoz Scaggsをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ボズ・スキャッグス マイ・タイム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。