スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Searchin' For A Rainbow/マーシャル・タッカー・バンド

このバンドのサウンドは、カントリー・フレーバーを漂わせながらも、何だかアメリカの広大な風景を思い起こさせます。
マーシャル・タッカー・バンドで、今回のアルバムは、

Searchin' For A Rainbow

Searchin' For A Rainbow1975年発表の4thアルバムで、キャプリコーンから出されています。
中古の輸入盤を手にしました。

元々このバンドは、サザン・ロックではあるのですが、カントリー・ロックと言った趣も強いですよね。

1曲目の「Fire On The Mountain」から、いかにもというサウンドを聴かせてくれます。
トイ・コールドウェルのスティール・ギターと、やはりジェリー・ユーバンクスのフルートが印象的ですね。

アルバム2曲目は、カントリー・テイスト溢れるアルバム・タイトル曲の「Searchin' For A Rainbow」。
この曲のギター・ソロはディッキー・ベッツで、ちょっとですが、らしいギターを聴かせてくれてますよ。
フィドルには、このバンドと関わりの深いチャーリー・ダニエルズが参加しています。

A面4曲目の「Virginia」も、ちょっと黄昏れてしまうような、壮大な曲ですね。
B面1曲目の「Bob Away My Blues」のちょっとムーディなブルース風サウンドなんかも面白いですね。

アルバム最後の「Can't You See」は、デビュー・アルバムに収録されていたヒット曲で、この曲のみ1974年のライブからです。
さすがにサザン・ロック・バンド。ライブは迫力の演奏で、聴きごたえがありますね。

全体的に、メロディーはよりキャッチーな感じもしますが、スケールの大きいサウンドは健在です。

このバンドのこのアルバムに限ったわけではないのですが、サザン・ロック・バンドの多くが、非常に美しいメロディやコーラスを聴かせてくれますよね。
それが、演奏の雄大さ、広大さ、時に激しさと合わさって、独特の美しさを聴かせてくれます。
な~んて、ふとそんなことを考えてしまいました(笑)


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでSearchin' For A Rainbow - The Marshall Tucker Bandをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : マーシャル・タッカー・バンド Searchin' For A Rainbow トイ・コールドウェル

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【Searchin

このバンドのサウンドは、カントリー・フレーバーを漂わせながらも、何だかアメリカの広大な風景を思い起こさせます。マーシャル・タッカー・バンドで、今回のアルバムは、「Searchin

コメントの投稿

非公開コメント

このアルバム好きです!

なかなか伝えにくいところですが、
スケールの大きい、というのはよく感じます。
最初のスティールギターの音が聞こえきて、
最後のライヴ録音まで、
BGMで掛けたつもりでもついつい聞き込んでしまいます。

Re: このアルバム好きです!

ちゃぶまるさん、こんばんは。
マーシャル・タッカー・バンドのこのアルバムいいですよね。
ほんと、上手いこと伝えられないのですが、
何気に聴き始めても、気づいたら聞き込んでますよね。
プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。