スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Midnight Wind/ザ・チャーリー・ダニエルズ・バンド

サザン・ロック、そしてカントリー界の大御所、チャーリー・ダニエルズ率いるチャーリー・ダニエルズ・バンドです。

Midnight Wind」(邦題:「真夜中の嵐」)

Midnight Wind1977年発表。国内盤の中古を手にしました。

チャーリー・ダニエルズ・バンドについては、どうも詳細が分からないのですが、本作はスタジオ盤として9作目(?)でしょうか。
このブログで前回登場した「High Lonesome」の後に出されたアルバムのようですね。

サザン・ロックと呼ばれているバンドの中でも、とりわけカントリー色が強いですが、それに加えて、演奏の力強さや激しさといったものも併せ持ってますよね。

このアルバムでは、A面が特にハードで、これぞサザン・ロックといった感じの曲が並んでます。
ツイン・ギターがかなりの迫力です。

ただ、南部の香りを漂わせ、カントリー・フレーバーをベースにしながらも、ウェスタン調、よりハードな曲調、テックス・メックス調など、幅広い音楽性も聴かせてくれています。

B面に入ると、1~3曲目はよりカントリー色が濃くなります。
B面2曲目の「Redneck Fiddlin' Man」は、チャーリー・ダニエルズのフィドルを全面フューチャーした、軽快でインプロビゼーションも聴き応えのあるナンバーです。

B面4曲目の「Good Ole Boy」は歯切れの良い力強いナンバーで、ここではスライドがいいですね。

アルバム・ジャケットの裏には、“デュア・オールマンとベリー・オークリーに捧ぐ”と書かれてますね。
1976年はオールマンが解散してますから、何かあるのでしょうか。

ちなみに、1977年にはレーナード・スキナードが解散してますから、この頃はサザン・ロックという括りの世界では、大きな転換期だったのかもしれませんね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。そもそも“Plus”となってますね。

◆iTunes StoreでThe Charlie Daniels Bandをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : チャーリー・ダニエルズ・バンド Midnight Wind 真夜中の嵐

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。