スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Champagne Jam/アトランタ・リズム・セクション

サザン・ロックと呼ばれるバンドの中でも、とりわけ演奏力の高さに定評があり、洗練された印象さえも受けるこのバンド、アトランタ・リズム・セクション (ARSと表記されたりしますね)。今回のアルバムは、

Champagne Jam」(シャンペン・ジャム

Champagne Jam1978年発表の7枚目。国内盤の中古を手にしました。

このブログで既に登場している「A Rock And Roll Alternative」の次に出されたアルバムですね。
その前作、そして、このアルバムで人気を確かなものにしたようです。

アルバム1曲目の「Large Time」から、疾走感のある歯切れの良いギターのリフが印象的です。
A面2曲目の「I'm Not Gonna Let It Bother Me Tonight」もいい曲ですね。

相変わらずテクニカルで、あか抜けた感はあるものの、力強さも加わってます。

とは言っても、A面3曲目の「Normal Love」はハーモニーも美しくメロディアスな曲ですし、A面4曲目のアルバム・タイトル曲「Champagne Jam」は演奏のクオリティがやはり高いですよね。

B面1曲目のポップな「Imaginary Lover」はヒットとなった曲ですね。
B面2曲目のミディアム・ナンバー「The Ballad of Lois Malone」は、ゆったりしたノリがいい雰囲気です。

といったところですが、聴き終わってみると、やはり全体的にオシャレな感じですね。
ポップ性を兼ね備えた、サザン・ロック・バンドといったところでしょうか。

土臭さや泥臭さとはちょっと距離を置くものの、元々スタジオ・ワーク中心に活躍しいていた実力を背景に、演奏が巧みな、アトランタ・リズム・セクションですが、このバンド、ライブにも定評があるんですよね。

そこらへんが、さすが、南部のバンドといったところなのでしょうかね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでChampagne Jam Live - Atlanta Rhythm Sectionをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : アトランタ・リズム・セクション Champagne Jam シャンペン・ジャム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。