スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アゲイン/バッファロー・スプリングフィールド

前回の続きで、バッファロー・スプリングフィールドです。

バッファロー・スプリングフィールドのアルバム3枚の中でも一番評価が高く、歴史的にも名盤とされているこのアルバム。
実は、残念ながらアナログ盤は持ってないんですよね。ただ、今回は話の流れで、CDですが紹介したいと思います(しかも、このCDは弟所有のものですが…)。

アゲイン」(Buffalo Springfield Again

Buffalo Springfield Again1967年に発表した、2枚目のアルバムですね。
デビュー・アルバムに続き、フォーク、カントリー、R&Rを基本にしながらも、それだけに留まらない、更に多様な音楽性を取り込んだ、意欲的なサウンドが聴かれます。

デビュー・アルバムでは、スティーヴン・スティルスとニール・ヤングだけの作品だったのが、今作ではリッチー・フューレイも曲を書いてます。
ニール・ヤングが3曲、スティーヴン・スティルスが4曲、リッチー・フューレイが3曲。
そして、このアルバムでは、より3人の個性がぶつかりあっている感じですね。

1曲目の「Mr. Soul」から、ニール・ヤングの歌とギターが迫ってきます。やっぱりいいですね~、ニール・ヤングは。

スティーヴン・スティルスの、ストレートなナンバー「Bluebird」やデヴィッド・クロスビーにインスピレーションを受けたという「Rock & Roll Woman」はさすがにいい曲です。

リッチー・フューレイのカントリー色の強い「A Child’s Claim To Fame」なんかは、特徴を出してますよね。

その他、「Expecting To Fly」のオーケストレーションや「Good Time Boy」のホーンを入れたR&Bサウンド、アルバム最後の「Broken Arrow」の組曲風のアレンジ等、なかなか多彩で実験的です。

いやいや、個々の才能がそれぞれ生み出す各曲の、緊張感さえも感じさせる完成度の高さは、なるほど傑作と称されるアルバムです。

まあ、相変わらずスティーヴン・スティルスとニール・ヤングの対立は大変だったようで、実際、メンバーもステージやレコーディングでは流動的だったようですが。
次のラスト・アルバムにメンバーとして参加している、ジム・メッシーナが今作ではエンジニアとして参加してます。

各人の個性が際立ちすぎて、なかなかアルバムとしては難解かもしれませんが、聴けば聴く程にいいアルバムですね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでBuffalo Springfield Again - Buffalo Springfieldをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : バッファロー・スプリングフィールド アゲイン

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。