スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Last Time Around/バッファロー・スプリングフィールド

バッファロー・スプリングフィールドを続けてます。
スティーヴン・スティルス、ニール・ヤング、リッチー・フューレイという3人を中心にしたこのバンドが、1966年4月の結成から1968年5月の解散までの、2年という短い間に残したアルバムが3枚。これがラスト・アルバムですね。

ラスト・タイム・アラウンド」(Last Time Around

Last Time Around1968年発表。中古の輸入盤を手にしました。

内容はバンドがほぼ解散状態の中、リッチー・フューレイと、前作でエンジニアとして参加し、その後メンバーに加わったジム・メッシーナが、レコーディング済の曲を集めてアルバム化したものとのことですね。
プロデュースもジム・メッシーナです。

そういうアルバムなので、聴くと確かにメンバーそれぞれのソロ曲といった感があり、実際、各曲は寄せ集めなのでしょうが、結構良い曲が揃ってるんですよね。

収録曲の中で気になるところと言えば、CSN&Yも演奏していた、A面1曲目の「On the Way Home」は二ール・ヤングの曲ですが、リード・ヴォーカルはリッチー・フューレイがとっており、アレンジもアップテンポで軽やかで、CSN&Yのものとは随分違います。

スティーヴン・スティルスはやはり多くの曲が収録されてますが、A面6曲目の「Special Care」やB面2曲目の「Questions」なんかは、もうその後のCSNのサウンドですよね。

ニール・ヤングはこのアルバム内ではそれほど大きくフューチャーされてないのですが、B面3曲目「I Am A Child」は素晴らしく、この1曲だけでもその存在感は十分です。
このアコースティック・ギターとハーモニカ、そして、ニール・ヤングの歌声。名曲です。

このラスト・アルバムでは、その経緯もあってリッチー・フューレイが占める割合も大きいですね。
特にアルバム最後の「Kind Woman」は、ミディアムスローの実に良い曲で、しみじみときます。
この曲にはジム・メッシーナと、更にはラスティ・ヤングがゲスト参加していて、なるほど、その後のポコの原型ができてます。

う~ん、なんて言いますか、アルバム通しての緊張感といったものは、確かにあまりないでしょうかね。

但し、より各曲において、スティーヴン・スティルス、ニール・ヤング、そしてリッチー・フューレイそれぞれの個性が際立っていて、解散後の3人の目指す音楽が、ほぼここで確立されているといった感じでしょうか。

結局、バンドは解散して、ニール・ヤングはソロへ、スティーヴン・スティルスはクロスビー、スティルス&ナッシュ、リッチー・フューレイとジム・メッシーナはポコを結成することになります。
その後の活躍が、本当に素晴らしいので、全ては、このバンドから、って感じがより一層しますね。

そうそう、このアルバムのジャケットは何ともいいですよね~


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承を。

◆iTunes StoreでLast Time Around - Buffalo Springfieldをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : バッファロー・スプリングフィールド ラスト・タイム・アラウンド Last Time Around

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【Last Time Around/バッファロー・スプリングフィールド】

バッファロー・スプリングフィールドを続けてます。スティーヴン・スティルス、ニール・ヤング、リッチー・フューレイという3人を中心にしたこのバンドが、1966年4月の結成から1968年5月の解散までの、2年という短い間に残したアルバムが3枚。これがラスト・アルバムです?...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。