スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

461 オーシャン・ブールヴァード/エリック・クラプトン

エリック・クラプトンは当時、「スローハンド」や「バックレス」が出た頃。
ブルースを聴くにも、その他のレコードを探すのも、何かとクラプトンを元にしていました。

上記の2枚は、友人から借りたり等で聴いていたのですが、まだ通しで聴いたことがないアルバムで、中古レコード店で見つけて買ったのが、

461 オーシャン・ブールヴァード

461 オーシャン・ブールヴァード言わずと知れたクラプトンの名盤です。

1974年発売で、「いとしのレイラ」(1970年)以来、久しぶりのスタジオ録音で、色々あったクラプトンの復活となったアルバムですね。

有名なので、細かいことは必要ないでしょうが、非常にリラックスしていて、ギターもつぼを押さえた渋い感じです。

1曲目の「マザーレス・チルドレン」は、スライドといいヴォーカルといい、スカッとしてとても好きな曲です。

何と言っても有名なのは、ボブ・マーリーの「アイ・ショット・ザ・シェリフ」のカバーですね。

その他にも、ロバート・ジョンソンの「ステディ・ローリン・マン」、エルモア・ジェイムスの「アイ・キャント・ホールド・アウト」等のカバーがいい感じで演奏されています。

当然、これらのカバー曲を聴いて、原曲を探すことになり、またしてもクラプトンのおかげで、音楽の世界が広がっていきました。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes Storeで461 Ocean Blvd. (Deluxe Edition) - エリック・クラプトンをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : エリック・クラプトン 461 オーシャン・ブールヴァード

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。