スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

On Stage/ロギンス&メッシーナ

バッファロー・スプリングフィールドの後期にメンバーになり、その後ポコを結成したジム・メッシーナが、ポコを脱退した後に組んだバンド(というかデュオ)ということで、気にはなっていたんですよね。

ただ、アルバムを買ったのは、結構後でした。ロギンス&メッシーナで、

On Stage

On Stage1974年発表の2枚組のライブ・アルバムで、中古の輸入盤を手にしました。

ロギンス&メッシーナは1972年(1971年?)、ケニー・ロギンスとジム・メッシーナによって結成されデビューしていて、このアルバムは4枚目にあたります。

デビュー直後にあたる1972年4月サンフランシスコのウィンターランド、1973年3月ニューヨークのカーネギー・ホールとボストンのオーフューム・シアターでの演奏を収録してます。

アルバムは、まずはケニー・ロギンスの弾き語りで、ヒット曲の「House at Pooh Corner(プー横丁の家)」から始まり、続く「Danny's Song(ダニーの歌)」と、ほのぼのとしたカントリータッチの弾き語りが続きます。

Side1の5曲目「Long Tail Cat(ロング・テイル・キャット)」の途中からバックの演奏が加わり、そして、MCでジム・メッシーナが呼ばれて加わると、一気に演奏は盛り上がっていきます。

カントリー・タッチのポップ感覚に溢れたロックンロールは、ライブの雰囲気も相まって、本当に軽快ですよね。

ただ、Side2(1枚目)の2曲目「Angry Eyes(アングリー・アイズ)」や、アルバムのSide3(2枚目)を1曲で占める「Vahevala(ヴァヒーヴァラ)」といった長い曲では、インプロビゼーションの応酬を聴くことができ、ロギンス&メッシーナの二人だけではなく、バンドとしての高い演奏力も耳に出来ます。

時に聴かれる、カントリー・ロックという枠だけに留まらない、スケールの大きな曲調も魅力なんですね。

Side4は、3曲目の「Your Mama Don't Dance(ママはダンスを踊らない)」等、観衆も盛り上がって、一気に聴かせてくれます。
個人的には、ジム・メッシーナの乾いた音色のギターが(テレキャスターの音でしょうか)とてもいいですね。

後になってから聴いた、ロギンス&メッシーナだったのですが、その頃と前後して、ケニー・ロギンスの大ヒット曲「フットルース」(1984年)なんかを耳にして、“このケニー・ロギンスが、あのケニー・ロギンスなんだ!?”なんて驚いたものです(笑)

ロギンス&メッシーナは1976年に解散してますが、2005年に再結成され、ライブ活動も展開しているそうです。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでOn Stage - Loggins & Messinaをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。

tag : ロギンス&メッシーナ On Stage ライブ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。