スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

On the Border/イーグルス

何となく、西海岸系列のミュージシャンが続いているので、その流れで、今回はこちらの大御所バンド、イーグルスです。

ここまで、偉大なバンドになると、正直私がどうのこうの言うことはないんですけどね(笑)

オン・ザ・ボーダー」(On The Border

オン・ザ・ボーダー1974年発表の3枚目ですね。中古の国内盤を手にしました。
レーベルはロサンゼルス拠点のアサイラムから。

以前、このブログでは「イーグルス・ファースト」(1972年)が登場してますが、残念ながら、2枚目の「ならず者(Desperado)」(1973年 )は持ってません。

この時期は、それまでのカントリー・ロック中心から、よりハードな、そしてポップなロックへと、サウンドが移行しつつありますね。
アルバムも、その両面が聴くことの出来る作りとなっています。

まあ、そのせいかイーグルスのアルバムの中では、どちらかというと影の薄いアルバム、との評も時折目にしますが、なんのなんの。

A面1曲目の軽快な「Already Gone(過ぎた事)」から、アルバム最後の全米No1ヒットを獲得した名曲「The Best Of My Love(我が愛の至上)」まで、実にいい曲が並んでいます。

A面4曲目のバーニー・レドンが歌う、カントリー・タッチのしみじみしと染みてくる「My Man(マイ・マン)」、
アルバム・タイトルにもなっているA面5曲目の、ハードでファンキーな「On the Borde(オン・ザ・ボーダー)」、
B面2曲目のちょっと黄昏れてしまう「Ol' 55(懐かしき'55年)」等々、
美しいハーモニーは相変わらずで、どの曲も印象的ですね。

リンダ・ロンシュタットのバックバンドに参加した、グレン・フライ、ドン・ヘンリー、ランディ・マイズナー、バーニー・レドン(バーニー・リードンとも表記されるようです)によって1971年に結成されたイーグルスですが、このアルバムで、ギターにドン・フェルダーが参加してますね。
その後、メンバーに正式に加わってます。

B面4曲目の「Good Day In Hell(地獄の良き日)」では、そのドン・フェルダーのスライド・ギターをたっぷり聴くことが出来ますし、このハードさは、その後のイーグルスのサウンドを表すような演奏ですね。

やはり、イーグルスは良いですね〜


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでOn the Border - イーグルスをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : イーグルス オン・ザ・ボーダー On the Border The Best Of My Love

コメントの投稿

非公開コメント

このアルバム好きですー。
王道からは外れてるんでしょうけど、いわゆる「ロック好き」も満足するハードさがあり、
聞くたびに「なかなかいいな」なんて言ったりしてます。

Re: タイトルなし

ちゃぶまるさん、こんにちは。
初期のイーグルスも、かなりいいですよね。
評価は置いといて、このアルバムは私も、かなり好きです。
プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。