スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハード・プロミス/トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ

聴きだした頃は、勢いのある、シャープでストレートなアメリカのロッカー、ってイメージでしたが、今やすっかりアメリカを代表する大御所ミュージシャンですね、トム・ペティ。
今回のアルバムは、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズの、

Hard Promises

Hard Promises1981年発表の4作目で、中古の輸入盤を手にしました。
前作「破壊(Damn The Torpedoes)」の大ヒットでその人気を確かなものにし、それを受けての本作ですね。

アルバムを通して聴くと、まず感じるのが、どちらかというと、それまでのノリのよい疾走感のあるサウンドというよりは、繊細で落ち着いた感じの(悪く言えば暗い)音作りに聴こえます。
曲によっては、そこから味わい深さも伝わってきますね。

ただ、バンドが生み出す、ロックン・ロールやフォーク・ロックをベースにした、シンプルでストレートなアメリカン・ロックというサウンドは変わりなく、力強く、且つ、しなやかなサウンドも相変わらずです。

収録曲では、アルバム1曲目の「The Waiting」がまずはいい曲で、ギターのリフを含めて、じわじわ効いてくる感じで、ライブでも演奏される本作の代表曲ですね。

ノリのよいロックンロール・ナンバーでは、A面5曲目の「Kings Road」やB面2曲目の「A Thing About You」といったところでしょうか。

B面1曲目の「Letting You Go」なんかの、ちょっと切なさも感じさせる、素朴な曲調は個人的に好きですね。

アルバムの中で特に印象的なのが、B面3曲目のスティーヴィー・ニックスとのデュエット曲「Insider」。

スティーヴィー・ニックスは言わずと知れた、フリートウッド・マックのメンバーですが(ソロ活動を開始した頃ですね)、そもそも2人の声質がかなり特徴的なので、このミディアム・ナンバーもかなり印象的です。

アルバムは、これまたなかなか染みてくるナンバー「You Can Still Change Your Mind」で締めくくってます。

で、毎回言ってますが、トム・ペティの鼻にかかった粘っこく、時にダミ声のヴォーカルには好き嫌いがあるようですが、ハートブレイカーズと共に生み出す、そのアメリカン・ロックは、結構懐が深く、かなり気に入ってます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでHard Promises (Reissue Remastered) - Tom Petty & The Heartbreakersをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ ハード・プロミス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。