スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロング・アフター・ダーク/トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ

アルバム「破壊」(1979年)でその人気を確固たるものとし、アメリカを代表するロック・バンドとなった、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ。次の「ハード・プロミス」(1981年)に続いて出されたアルバムが、

ロング・アフター・ダーク(Long After Dark)

Long After Dark1982年発表の5作目。中古の国内盤を手にしました。

まず、アルバムを聴いてみると、よりストイックな感じで、クールとも言える印象を受けます。
前作で時折見せていた、落ち着いた感じの音はほとんど聴かれません。

とはいえ、本作でもトム・ペティとハートブレイカーズの一体感は見事で、バンドとしての完成度はさすがに高いです。
ただし、このアルバムから、ロン・ブレアに代わってホウイー・エプスタインがベースに加わってます。

収録曲では、アルバム最初から「A One Story Town」「You Got Lucky」と、続けて印象的な曲が並んでいて、続くA面3曲目の「Deliver Me」は結構好きな曲ですね。

更に、A面4曲目の「Change Of Heart」も、って感じで、続くどの曲でもストレートでしなやかなロックを聴かせてくれています。

これまでより一層シンプルでスリリングなアメリカン・ロックとも言えそうですが、ちょっと緊張感ありすぎかも(汗)
アルバム最後の「A Wasted Life」だけは、ちょっとエキゾチックな、しんみりした曲ですね。

人気を決定づけた前々作「破壊」から、前作「ハード・プロミス」、そして本作と、ジミー・ アイオヴィンとトム・ペティとの共同プロデュースになっていますが、確かにサウンド的には一貫した、ストレートなロックですよね。

ただ、実際のところは分かりませんが、個人的には、ちょっと手詰まり感が漂っている気がして、それがこのアルバム全体の、ストイックでややクール(悪く言えば地味)な印象に結びついている感じもしています。

この後、期間が空いて1985年に、サウンドをやや変化させて、バラエティに富みつつも南部の香りも漂う「Southern Accents」が発表されるのを考えると、本作が一区切りのアルバムと言えるのかもしれませんね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでLong After Dark - Tom Petty & The Heartbreakersをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ ロング・アフター・ダーク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。