スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hasten Down the Wind/リンダ・ロンシュタット

その歌唱力といい、容姿といい、アメリカを代表する女性ヴォーカリストですね、リンダ・ロンシュタット。

この素敵な歌姫の曲は、昔からよく耳にはしましたが、正直に言いますと、年代順にアルバムを入手して聴くというところまでは追いかけきれてないんですよね。何せ、アルバムも多いですからね(^-^;

今回のアルバムは、このブログで前回登場した「哀しみのプリズナー(Prisoner in Disguise)」(1975年)に続くアルバムです。

Hasten Down The Wind

Hasten Down The Wind1976年発表。中古の輸入盤を手にしました。
「Heart Like A Whee」(1974年)(これは持ってません)、「Prisoner In Disguise」(1975年)の2作共々、本作も大ヒットしたアルバムとのことですね(って勉強不足で、あまり知りませんでした)。

残念ながら、その音楽的変遷までは詳しく知らないのですが、そもそもデビュー当初からのカントリー・テイストは、この段階ではほとんど感じられず、ロックっぽさもありません。

アルバム全体としては、時にドラマチックに、時にしっとりと歌い上げている曲がメインで、彼女自身のヴォーカリストとしての魅力を前面に押し出した、とても上質で素敵なヴォーカル・アルバムといった感じでしょうか。

その完成度の高さから、リンダ・ロンシュタットの最高傑作として名前を挙げる方も多いアルバムなんですね。

収録曲では1曲目の「Lose Again」から聴かせてくれますが、作者のカーラ・ボノフはこの曲を含めて、このアルバムで3曲を提供しています。
アルバム最後の「Someone To Lay Down Beside Me」もそうですね。

A面6曲目のアルバム・タイトル曲「Hasten Down The Wind」はウォーレン・ジヴォン作で、コーラスで参加するドン・ヘンリーが美しいハーモニーを聴かせてくれてます。

他にもA面では、ライ・クーダーの「The Tattler」、スペイン語(?)の「Lo Siento Mi Vida」、バディ・ホリーの軽快なナンバー「That'll Be The Day」(このアルバムではかえって異色かも)。

B面に入っても、感情たっぷりに「Try Me Again」、ジャジーでムードたっぷりに「Crazy」、ゴスペル風に「Down So Low」等々。

う〜ん、印象的で素敵な歌声が続いてます。
なるほどいいアルバムです。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでHasten Down the Wind - リンダ・ロンシュタットをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : リンダ・ロンシュタット Hasten Down the Wind

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。