スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Warren Zevon/ウォーレン・ジヴォン

ある時ふと、名前は聞いたことがあるものの、アルバムは聴いたことないというミュージシャンのレコードが目に留まり、何気に手にするということ、結構ありますよね。
それもまた、音楽の“縁”と思ったりするのですが、このアルバムもそんな1枚です。ウォーレン・ジヴォンの、

Warren Zevon」(邦題:「さすらい」)

Warren Zevon1976年発表。中古の国内見本盤を手にしました。

レーベルはアサイラムからで、友人だったジャクソン・ブラウンの後押しがあったとのことで、プロデュースもジャクソン・ブラウンですね。
これ以前に一旦アルバムを出すも全く売れず、このアルバムが再デビューという位置づけのようです。

ウォーレン・ジヴォンはウエスト・コーストのシンガーソングライター、ということになるんでしょうね。
しかも、骨太なシンガーソングライターですね。

バンドによる、比較的シンプルなサウンドに、ヴォーカルはどちらかというと、ぶっきらぼうで、押し殺したような歌声で、その雰囲気から“ハード・ボイルド”と呼ばれていたそうですよ。

アルバムは、無法者のジェイムズ兄弟の運命をたどった「Frank And Jesse James」から、最後の「Desperados Under The Eaves」まで、実に渋くて硬派な雰囲気は個性的で、確かに骨太で、ハード・ボイルドですね。

このブログでも紹介している、リンダ・ロンシュタットのアルバム「Hasten Down The Wind」のアルバム・タイトル曲の作者で、その曲が収録されたアルバムでもあります(A面4曲目)。

参加ミュージシャンが凄いです。

ジャクソン・ブラウンはもちろん、イーグルスから、グレン・フライ、ドン・ヘンリー。
デヴィッド・リンドレーにJ.D.サウザー。ギターは多くの曲で、ワディ・ワクテルが担ってます。

他にも、エヴァリー・ブラザーズのフィル・エヴァリー、フリートウッド・マックのリンジー・バッキンガムとスティーヴィー・ニックス、ビーチ・ボーイズのカール・ウィルソン、サックスでボビー・キーズの名前もありますね。

参加は数曲であったり1曲のみであったりですが、よくもまあ集まりましたね。
本人はピアノをメインに(ギターも)弾いてます。そして全て自作曲です。

その活躍は派手なミュージシャンではないですが、随分とミュージシャン仲間から慕われていたようですね。

ただ、残念ながら、個人的にはその後は縁がなくて、持っているアルバムはこの1枚のみです。

2003年9月、肺癌により死去してます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでWarren Zevon (Collector's Edition) - ウォーレン・ジヴォンをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : ウォーレン・ジヴォン Warren Zevon さすらい

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。