スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Together After Five/サー・ダグラス・クインテット

テキサス出身で“キング・オブ・テックス・メックス”とか“テキサス音楽伝道者”なんて呼ばれたりする、ダグ・サーム率いるサー・ダグラス・クインテット。今回のアルバムは、

Together After Five

Together After Five1970発表で、中古の輸入盤を手にしました。
前作「Mendocino」に続いて出された、バンドとしての4作目ですね。

そのダグ・サームは、日本の表記では、ダグ・サムとかダグ・ザームなどとも呼ばれるようです。

バンドは当時はサンフランシスコで活動していて、その頃の時代背景もあり、サウンドにはサイケの香りも漂わせていましたが、このアルバムでは、基本はフォーク・ロックといったサウンドを展開しています。

ただし、当然ですが、そこに、テックスメックスの流れがあって、時にソウルフルに、時にブルージーに、そして何より豊潤なサウンドが聴くことができます。

収録曲では、アルバム1曲目の陽気な「Nuevo Laredo」、しみじみとゆったりとした2曲目の「Dallas Alice」、そして軽快なB面1曲目の「Seguin」なんかは、曲のタイトルがどうやらテキサスやメキシコの地名がついていて、もろにテックス・メックスの香りを漂わせていますね。

A面3曲目のご機嫌な「T-Bone Shuffle」を聴けは、やはり根底にはブルースというのも流れてるんだろうな〜、と思わせます。

A面4曲目の「I Don't Want To Go Home」ですが、こういうミディアムテンポの時のダグ・サームの歌声は何ともしみてきて、結構好きなんですよね。

ちなみに、B面4曲目では、ディラン「One Too Many Mornings」をカバーしてます。

それにしても、オルガンが効いてます。オージー・メイヤーズですね。
時々絡んでくる、チープにも聴こえるこのオルガンの音が、サウンドにアクセントをつけてるんですよね。

時代的な背景もあるのでしょうが、取り込まれている様々なアメリカン・ルーツ・ミュージックは混沌としていて、どこかごった煮的で、演奏は粗いですが、生み出される音楽は、本当に何とも言えず魅力的で、気に入ってます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでSir Douglas Quintetをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : サー・ダグラス・クインテット ダグ・サーム Sir Douglas Quintet Together After Five

コメントの投稿

非公開コメント

??

こんにちは。

え~…ここ暫く知らないグループがゾクゾクと出てきて、ただ読んで居るだけです。

どこかで耳にして、オークションなどでエイヤーと買うのでしょうか?
それとも行きつけのショップがあるのですか?

会社の近くに一度は入ってみたいCDショップが3件あり、1件はブート盤専門店で思い切って入って見ましたが、残り2件は未だに腰が引けています。

Re: ??

musselwhiteさん、こんばんは。
アナログ盤の多くは、東京にいる時に、よくレコード店巡りをして購入したもので、
こちらに帰ってきてからは、アナログ盤は全く買ってないんです。
(昔は札幌で買ってましたよ)
大体、雑誌やミュージシャンつながりで覚えていた名前をお店で見つけ、といった感じでした。

私もmusselwhiteさんの記事、凄すぎて読んでいるだけのことが多いです(汗)
プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。