スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Muddy, Brass & The Blues/マディ・ウォーターズ

戦後のシカゴ・ブルースの立役者で、偉大な、いや伝説のブルーズ・マン。
その影響力の大きさから、ロックの父ともいえるかもしれないですね、マディ・ウォーターズ。今回のアルバムは、

Muddy, Brass & The Blues

Muddy, Brass & The Blues1966年発表。もちろんチェスからですが、手にしたのは1989年再発の輸入盤です。

このアルバムの発売年度前後のマディのアルバムを見てみると、

The Real Folk Blues」January, 1966
Muddy, Brass & The Blues」October, 1966
More Real Folk Blues」January, 1967

となっていて、初期の録音を収録したアルバム「The Real Folk Blues」や「More〜」なんかは、ディープでかなり強烈なデルタの香りが漂うブルースで、名盤と名高いですよね。

対して、今回のアルバムはジャケットを見ると、レコーディングが1966年で、いわゆる、オリジナル・アルバムとも言えるかな。
時期的には、聴衆が白人まで広がり、ロック界でも影響力が顕著になっていた頃でしょうか。

アルバム・タイトルの通り、マディのブルースに、ブラス(ホーン)を導入しスタイルで、ホーンは翌日にオーバーダブされているようです。

そのせいか、曲によっては演奏が、デルタ系のどっぷりディープなブルースというよりは、都会的なモダン・ブルースといった仕上がりになってますね。

とはいえ、歌っているのが、マディですから言わずもがな、です(^_^;)

A面3曲目のミディアム・スローの「Black Night」なんか、濃いですね。

B面2曲目ではB.B.キングでお馴染みの「Sweet Little Angel」なんかもやってます。

ピアノにオーティス・スパン、ハーモニカにはジェイムズ・コットンの名前がありますね。

マディのシカゴ・ブルースを、珍しくホーンをバックに楽しめますが、他の数ある名盤に比べると、ちょっと目立たないアルバムなのは否めません。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
このCDは1966年の今回のアルバムと、73年の作品とのカップリングですね。


◆iTunes StoreでMuddy Watersをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : マディ・ウォーターズ Muddy Waters Muddy, Brass & The Blues

コメントの投稿

非公開コメント

迷い

こんにちは。

このアルバム何度となく買おうかと思いましたが持って居ません。
躊躇い傷のアルバムです(笑)
マディに金管楽器が合わない様な気がしてなりません。
思い込みなのでしょうね !

また、迷い出しそうな気分です(笑)

Re: 迷い

musselwhiteさん、こんばんは。
いや〜、正〜〜直に言いますと、特に薦められるアルバムではないかも(汗)
実際、おっしゃるとおり、ホーンが加わると、
マディに聴こえない瞬間もあったりします。
そういう、マディを聴いてみる、という楽しみはあります(笑)
実際、ブルース・アルバムとしては悪くないと思いますが(^-^;
プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。