スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに、エルモア・ジェイムス〜「ダスト・マイ・ブルース」

個人的に思い出がある、ブルース・レコードです。

少しずつ、ブルースの情報で頭でっかちになってきて、黒人ブルースマンの名前もちょっとずつ覚えてくると、もっと昔のブルースを聴いてみたいという欲求に駆られ出しました。

といっても、そのようなブルースを専門に扱っているレコード店を当時は知らなかったので、基本的には選ぶ余地はありませんでした。
運良く、どこかのレーベルがシリーズ物で出してくれて、それが一般のレコード店に並び、更にそれが店から無くなる前に、そして廃盤になる前に、購入するしかありません。

そして、初のディープなブルース・アルバムとしてやっと見つけたのが、

ダスト・マイ・ブルース」/エルモア・ジェイムス

ダスト・マイ・ブルースこれは、中村とうよう氏と日暮泰文氏の監修による「ROCKIN' WITH THE BLUES」なる、クラウン/ケント原盤LPを元にしたシリーズとして発売されたもののうちの1枚で、1977年発売のものです。
(ちなみに、ジャケットには「blues after hours」とタイトルがついているので、実際の原盤からの流れまでは分かりませんが、このエルモア・ジェイムスのアルバムの元の国内盤は1970年に発売されているらしいです)

まずは、何と言っても、このジャケットが雰囲気あります。
これを手にするだけで、既にブルースのディープな世界に入り込んだような気になってしまいます。

で、曲の方ですが、1曲目の「アイ・ビリーヴ」から、とにかく、あのリフが格好良くて、録音は1950年代前半のもので、「ブルーム調」ともいわれるスタイルがパワー全開で、ボトルネック・ギターがあちこちで炸裂していて鳥肌ものです。
彼のバンド「ブルームダスターズ」の演奏も強力です。

アルバム・タイトル曲は、「ダスト・マイ・ブルーム」のタイトルが一般的で超有名曲ですが、数回録音されているようです。

正直、当時の私がこのアルバムを聴いて大満足して、「ブルースっていいな~」とまで入れ込んだかどうかは疑問です(自分のことですが…)。
本格的なブルースを聴いているという、そのシチュエーションに対する自己満足だったかもしれません。

ただ、レコードから流れてくる、時代を感じさせるもパワフルな音、間違いなく本物のブルースだと感じた、迫力のギターとボーカルに圧倒されたのは間違いありませんでした。
ブルースの世界へようこそ、という感じでしたね。

(エルモア・ジェイムスは1963年に他界しています)


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでElmore Jamesをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : エルモア・ジェイムス ダスト・マイ・ブルーム Elmore James

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。