スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bricks In My Pillow/ロバート・ナイトホーク

スライド・ギターの名手で、戦前はロバート・リー・マッコイの名で活動していた、ロバート・ナイトホーク。手にしたアルバムは、

Bricks In My Pillow

Bricks In My Pillow中古の輸入盤を手にしました。

前回紹介したアルバム「Black Angel Blues」が、1948年から1950年録音(2曲のみ1964年)のアリストクラット/チェスでの作品で、今回のアルバムは、1951年と1952年のユナイテッド/ステイツでの録音です。

チェスの時の「Black Angel Blues」は、シティ・ブルースの香りを漂わせる演奏の中にも、素朴で田舎っぽさが残る感じで、どちらかというとダウンホームな印象がありますかね。

対してこちらのアルバム「Bricks In My Pillow」は、雰囲気たっぷりのシティ・ブルースといったところで、より濃厚で、味わい深くディープな印象です。

録音年度はわずかな差ですが、録音状態のせいもあり、演奏の輪郭がくっきりしているのも、その印象を強くしているかもしれません。
バックの演奏もより洗練されてますね。

エルモア・ジェイムズらとは違った、単音弾きのスライド・ギターが有名ですが、このアルバムでは、全編スライドという訳ではないです。

半分はアップテンポな曲が揃い、ブギするギターが楽しいA面6曲目のインスト「Nighthawk Boogie」や、軽快なB面1曲目「Kansas City」など、なかなかノリのいい曲も聴くことができます。

しかし、やはりロバート・ナイトホークは、時に暗く陰があり、時に粋に奏でる、ミディアム・スローやスローなブルースがなんとも魅力的ですね。
また、そういう時のスライドが何ともいいんですよね。

1曲目の「Crying Won't Help You」なんかは深い歌声といい、泣きのスライドといい抜群です。
他にもA面5曲目「The Moon Is Rising」やB面2曲目「You Missed A Good Man」等々。ちょっと粋なヴォーカルには深みがあって、ねっとりした感じもして、実に味わい深いです。

タンパ・レッドのスライド・ギターの影響を受け、そのブルースはトミー・ジョンソンに強く影響を受けているとのことです。

ロバート・ナイトホークのアルバムで所有しているのは、「Black Angel Blues」と今回の「Bricks In My Pillow」の2枚だけです。
録音がそもそも少ないようですが、ライブ盤があるので、聴いてみたいですね。

ロバート・ナイトホークは1909年アーカンソー州ヘレナ生まれで、1967年に同地で亡くなってます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
今回は同じジャケットのものは見つけられませんでした。


◆iTunes StoreでRobert Nighthawkをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ロバート・ナイトホーク Bricks In My Pillow Robert Nighthawk

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。