スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Buddy Guy & Junior Wells Play The Blues/バディ・ガイ&ジュニア・ウェルズ

シカゴ・ブルース、というかブルース界を代表するこの2人、バディ・ガイジュニア・ウェルズ
1960年代後半からはコンビで活動しているのも有名ですが、今回はその中の一枚です。

Buddy Guy & Junior Wells Play The Blues

Buddy Guy & Junior Wells Play The Blues1972年リリースで、中古の国内盤を手にしました。
このアルバムは、プロデュースにエリック・クラプトンとトム・ダウドの名前があり、クラプトンはバックで控えめにギターでも参加もしています。

で、アルバムは1曲目の「A Man Of Many Words」からインパクト大で、バディのシャウトする歌と、たたみかけるギターにゾクゾクしますね。

続く「My Baby She Left Me (She Left Me A Mule To Ride)」と「A. Come On In This House〜B. Have Mercy Baby」では、ジュニア・ウェルズが歌ってますが、その歌声は艶やかでブルース・フィーリング溢れていて、ここでの演奏は正統派モダン・シカゴ・ブルースという感じです。
そして、もちろんハープは相変わらず抜群です。

何というか、ジュニア・ウェルズ対して、バディ・ガイはやっぱり歌といい、ギターといいぶっ飛んでますね。
時にヒステリックにも聴こえる演奏は、やはり印象的ですが、ジュニア・ウェルズのバックの演奏の時には、実にハマったギターを弾くんですよね。
このコンビは、そのバランスがいいのでしょうね。

B面1曲目のジュニア・ウェルズが歌う「Messin' With The Kid」なんかも、貫禄のヴォーカルにバディのギターが絡んで、実にカッコいいですね。

それにしても、A面最後の4曲目「T-Bone Shuffle」とかB面3曲目の「I Don't Know」なども含めて、アルバム収録のどの曲もどこかで耳にした記憶があるような馴染みの曲で、それが実にカッコ良く演奏されているのて、これはロックファンにもすんなり受け入れられそうなアルバムですね。

ちなみに、収録曲の録音は基本的に1970年なのですが、B面2曲目の「This Old Fool」と5曲目の「Honeydripper」(インスト)は別の1972年の録音で、バディ・ガイが、J・ガイルズ・バンドをバックに従えたものです。

アップテンポの「This Old Fool」なんかは、もちろんロックンロール色の強いストレートなサウンドになってますが、これはこれで、なかなか生き生きとした演奏を聴かせてくれて、いいですね。

ということで、元々がギタリスト中心でアルバムを聴いていたもので、ついついバディ・ガイ中心でアルバムを聴いてしまいましたが、シカゴ・ブルースの新世代として1950年代後半に登場して活躍したバディは、1980年代には活動が鈍ったものの、1990年代から活動がとても活発になって、その後ロック系のファンの心も掴んでますよね。

ジュニア・ウェルズはファンキー色の強いブルースマンとして活躍していましたが、1998年1月15日に満63歳で亡くなってます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
◆Amazonでバディ・ガイをチェックする。
◆Amazonでジュニア・ウェルズをチェックする。

◆iTunes StoreでBuddy Guy & Junior Wells Plays the Blues - バティー・ガイ & ジュニア・ウェルズをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : Buddy Guy & Junior Wells Play The Blues バディ・ガイ ジュニア・ウェルズ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どうも

ジュニアは野音で観ました

まるでJBのLIVEみたいでした

カッコ良かったな(^_-)

バディー・ガイ

こんにちは。

もともと、バディー・ガイはコテコテ感が強く脂ぎった感じで余り好きではありませんでしたが、このアルバムを聴いて「悪くないな~」なんて思ってしまいました。

何年か前、このアルバムと同じ面子でCD2枚組で出た物を改めて買い求めました。

ときたま、共倒れになるケースも見られますが、良いですね。

Re: No title

SNAKEさん、こんばんは。
野音で観られましたか!
いいな〜!
やっぱり、ファンク色が強いんですね。

Re: バディー・ガイ

musselwhiteさん、こんばんは。
確かに、ソロの時は脂っこいですね(汗)
けど、バックの演奏になると、いい感じなんですよね。
やっぱり、このコンビは相性がいいのでしょうね。
今回聴いて、改めて思いました。

今晩は♪&同感です!

バディはジュニアのバックで絞った音が一番やられます!

このアルバム含めバディ&ジュニアはかなり愛聴してますよー♪

Re: タイトルなし

リュウさん、こんばんは。
そうそう、“絞った音”ですよね!
バディ&ジュニア、改めて聴いてます。
ほんと、いいですね〜
プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。