スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョン・リー・フッカー「シングス」

そもそもこの偉大なブルースマンの名前を最初はどこで聞いたのかは、今となっては思い出せません。
雑誌かラジオか、それとも誰かのレコードの解説か。
しかし、とにかく買ってしまったのです、

ジョン・リー・フッカーシングス

ジョン・リー・フッカー/シングス原盤は1961年頃(録音自体はもっと前で48~51年頃らしいです)ですが、購入したものは1983年に出された国内盤で、新譜を速攻購入。
初めて購入したジョン・リー・フッカーのアルバムがこの名盤とされているものでした。

唯一無二の強烈なスタイルと個性ですよね。
ワンコードで進められる、独特で躍動的なブギのリズム。
引き込まれて行く、「ウ、ウ~ン」「イエ~」と唸りのようなつぶやくような深い深い声。
カタカタとリズムをとる足音。
とにかく圧倒的な存在感で生々しくて、濃いです。

今思えばちょっと背伸びしすぎたかもしれませんが、ジョン・リー・フッカーの世界にどっぷりとつかることの出来たアルバムであったのは間違いないです。

レーベルをまたいで、様々な名前で録音していたのは有名な話で、テキサス・スリムなんかはまだ分かりますが、ジョン・リー・ブッカーと聞いた時には、それで変名になるのかとも思いましたが、とにかく逞しいですよね。

ちなみに、アルバムのライナーノーツが折り目でジャケットを挟んでいる状態になっているのですが、何と両面印刷で、裏面は同シリーズのリトル・ウィーリー・ジョン/フィーバー(すいません、私は聴いたことがありません)のライナーになっているという、今では考えられない状態になっています。

A面、B面それぞれ最後の2曲(計4曲)はアール・フッカーのもので、インストの曲ですが、なかなかご機嫌な洗練されたギターが聴くことが出来、おまけみたいな扱いですが、結構いい感じです。

それにしても、その後のジョン・リー・フッカーの活躍には驚くばかりで、CDの時代になっても続くんですからね。
(2001年没)

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。

◆Amazonでジョン・リー・フッカーをチェックする。

◆iTunes StoreでJohn Lee Hookerをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : ジョン・リー・フッカー シングス ブギ アール・フッカー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。