スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンダーカバー/ローリング・ストーンズ〜ようやく手にしたストーンズのアルバム

で、前回話にましたが、ようやくローリング・ストーンズです。
やはり、ストーンズは避けて通れなかったですね、ロックを聴いていくにもバンドをやるにも。

初めてストーンズを聴いたのは、前回にも書きましたが、中学生のときです。            
中でもアルバムとしてきちんと聴いたのは、同級生がおもむろに貸してくれた「アフター・マス」でした。
今、考えると、結構渋い。
ただ、当時はバンドとしてのストーンズの格好良さがまだ分からず、夢中になるまでには至りませんでした。

その後、やはり自分がバンドをやるようになってからです、ストーンズに夢中になったのは。

「エモーショナル・レスキュー」、「刺青の男」と続けてアルバムを出していた頃で、それも聴く事が出来て好きだったのですが、一番衝撃を受けたのが、バンドの友人が貸してくれた(と思う)、その頃、1982年に出されたばかりのライブ・アルバム「スティル・ライフ」。

これは、かっこ良かった~!

アルバム自体の評価は分かりませんが、当時、ストーンズを本格的に聴きだした少年にとっては、名曲が並ぶこのライブ・アルバムは衝撃を受けるには十分過ぎる内容でした。
(この後、当分、ストーンズがライブ活動を休止するのですからなおさらです。当然、映画「Let's Spend the Night Together」は観て、その大規模・大迫力には度肝を抜かれました)

実は、そうやって色々聴かせてもらっていたもので、ストーンズのレコードは最初あまり手が出なかったんですよね。
実際、この「スティル・ライフ」もレコードは持っていません。


アンダーカバーたぶん、最初に買ったストーンズのレコードは、その後に新譜として買った、「アンダーカバー」(1983年)です。

内容について、ここで細かいことは省きますが、それまでのスタイルとはちょっと変わっているように感じられます。

ただ、新譜で買うというのは、うれしいものです。伝説のバンドの新譜なんですから。

つまり私にとってのストーンズは、このアルバム以前が「伝説のロックバンド」で、これ以降が「現在最高のロックバンド」というイメージになっています。

ちなみに私がメンバーの中で一番好きなのは、ロン・ウッドなんですよね。
ソロアルバムなんかも結構聴きましたので、そのうちに、つぶやきたいと思います。

その前に、ストーンズのアルバムがまだありますね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes Storeでチェックする。
Still Life (American Concert 1981) [Remastered] - ザ・ローリング・ストーンズ

Undercover (Remastered 2009) - ザ・ローリング・ストーンズ


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ローリング・ストーンズ アンダーカバー スティル・ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。