スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪い星の下に/アルバート・キング

前回の記事で書きましたが、クラプトンの「マネー・アンド・シガレッツ」に入っていた、「クロス・カット・ソウ」のアルバート・キングのバージョンが聴きたくて、探していたということもあったのですが、それ以前にこのアルバムはアルバート・キング名盤中の名盤なので、聴かない訳にはいきませんよね。

すると、何とタイミングの良いことか、ほとんど探すことなく見つけることが出来ました。
その前年にも出ていたんですよね(本当にたまたまなんです)、

悪い星の下に

悪い星の下にオリジナルは1967年の録音で、買ったのは1982年発売の国内盤です。
「悪い星の下に」に「クロス・カット・ソウ」、「ラーンドロマット・ブルース」に「アズ・ジ・イヤーズ・ゴー・バッシング・バイ」等々、名曲と呼ばれるものが並び、たまりません。
(当然、名曲だと知ったのは後になってからですが)

荒々しく叫ぶ訳でもなければ(どちらかと言うとこもっている声)、ギターを弾きまくる訳でもない。
しかし、もの凄い迫力。
ギターの音色自体はクリーンですが、鋭く、時には切り裂くようで、チョーキングが決まるとゾクッときますね。
言葉では言い表せません。
「クロス・カット・ソウ」もクラプトンより、こちらの方がすぐに好きになりました。

どっしりとしたブルース感満載なんですが、歌を聴いているとソウルフルとも言えるのでしょうか。
それに、スローテンポであろうと、ファンキーとも言えますよね。

バックはブッカー・T&ザ・MG'sにメンフィス・ホーンズによるスタックスのサウンドですから間違いなくかっこいいです。
(といっても、当時はブッカー・T&ザ・MG'sは知らなかったのですが…)

これは最高です。名盤です。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでBorn Under a Bad Sign - Albert Kingをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : アルバート・キング 悪い星の下に クロス・カット・ソウ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。