スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スライド天国/ライ・クーダー

ダイアー・ストレイツの記事で出てきました、ライ・クーダーですが(その時の記事はこちら)、その時はライ・クーダーのことは、どんな音楽なのかもまったく知りませんでした。

色んな曲を聴きたくて、新しいミュージシャンにアンテナを張っていたいた時のこと、CMで流れていたやけに渋くカッコいい歌とギター。
それが、ライ・クーダーでした。

CMはパイオニアの「ロンサム・カウボーイ」で、曲は「アクロス・ザ・ボーダー・ライン」と「ビッグ・シティ」。
両曲共に良い曲ですが、特に、アコースティック1本の伴奏による「ビッグ・シティ」は耳に残りました。

で、早速その曲が入っているアルバムを買いに行きました、

スライド天国

スライド天国1982年発売で、国内盤は上記2曲を追加収録した特別編集です。
(ということは原盤というか輸入盤を買うと、その2曲は入ってなかったの?それでは困ります)

ライ・クーダーという人は様々なルーツ・ミュージックを吸収・消化して、それを自分の音として表現していく、音楽家としての才能がすごいのでしょうが、やはり、当時初めて耳にして、自由自在のそのスライド・ギターの素晴らしさにまず驚きましたね。
(それまで耳にしていた、いわゆるブルースのスライド・ギターとは、まるで違っていたので)
何と言ってもアルバム・タイトルの原題が「THE SLIDE AREA」ですからね。

アルバム通して、曲もギターも聴きごたえがありますが、ミディアム・テンポの各曲が秀逸ですね。
「愛とはいつもこんなもの」とかは、改めて聴くとしみますねぇ。

ライ・クーダーはこの時点で、既にソロ.アルバムを何枚も出していたので、改めて時代をさかのぼりながら、それらのアルバムを聴くことになりました。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、輸入盤には記事中のCM曲は入ってないと思うので注意してください。

◆iTunes StoreでThe Slide Area - ライ・クーダーをチェックする。


※う〜ん、iTunes Storeのほうにも記事中のCM曲は入ってないようですね〜

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ライ・クーダー スライド天国 スライド・ギター

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。