スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J.J.ケイルとの出会い「スペシャル・エディション」

ダイアー・ストレイツのライナーノーツにも出てきた、J.J.ケイル(その時の記事はこちら)。

それ以外にも、クラプトンの「コカイン」「アフター・ミッドナイト」、まだこのブログには出てきませんが、レイナード・スキナードの「コール・ミー・ザ・ブリーズ」等々、やたらあちこちに、J.J.ケイルの名前やカバー曲が出てくるので、非常に気になっていました。

ただ、高校生当時この方は本当に情報がなかったです。
というか、その後もなかったですが…。

既に、アルバムは数枚出していたのですが、地方のレコード店にはなかなか置いてなくて、探しました。

何枚かは見つけたのですが、原曲を色々聴く為に何枚も買うのは当時の小遣いでは当然無理で、上記の様々な曲を一度に聴くには、やはりベスト・アルバムしかないと思っていて、気にしながらレコード店に行くたびに探したものです。

スペシャル・エディションそもそもベストアルバムがあるのかどうかも知らなかったのですが、しばらく経って運良く初のベストアルバムが発売され(たぶん1984年)、やっと聴くことが出来ました。それがJ.J.ケイルの、

スペシャル・エディション

それ以前の8枚のアルバムからのベストで、上記の3曲もしっかり入っていました。
「アフター・ミッドナイト」のカッコいいこと、カッコいいこと。

とにかく渋い。職人さんです。
味があるとは、こういうことなんだろうかと、当時の私は何となく納得してしまいました。

南部の香りに、シンプルで泥臭くて、ラフにも聴こえるそのギターやバンドの演奏、つぶやくようなヴォーカル。
どれもが耳から離れず、いつの間にか、虜です。

実際、曲は本当に良い曲ばかりなんですよね、これが。
それに、ギターも派手さは(まったく)ないものの、何とも効果的に入ってくるんですよね。
(確かに、ダイアー・ストレイツのライナーノーツにあるように、よく似ています。ダイアー・ストレイツがJ.J.ケイルに似ているんですよね)

私にとっては、この頃最大の出会いでした、J.J.ケイルは。
やはり、オリジナル・アルバム8枚がどうしても聴きたくなりましたね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでJ.J. Caleをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : J.J.ケイル スペシャル・エディション エリック・クラプトン ダイアー・ストレイツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。