スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オン・ツアー/デラニー&ボニー

どうしても聴きたかったんですよね、クラプトンがクリーム、ブラインド・フェイスとスーパー・バンドを経て、次への道しるべとして傾倒したという、この人たちのサウンドが。

そして高校生の時に、札幌でついに見つけました。輸入盤ですが、速攻で購入しました。
デラニー&ボニーの、

On Tour/Delaney & Bonnie &Friends with Eric Clapton

オン・ツアー1969年の彼らのイギリス・ツアーの模様を収録した、1970年発売のライブ・アルバムで、名盤ですね。

バンドは大所帯で、中にはデイヴ・メイソン、リタ・クーリッジの名前も。
それに、クラプトンがこの後デレク・アンド・ザ・ドミノスを組むことになる、カール・レイドル、ジム・ゴードン、ボビー・ウィットロックも一緒ですよね。
やはり、このバンドがクラプトンにとっての転機だったのでしょうかね。

これだけのメンバーが集まってくるんですから、よっぽど当時のデラニー&ボニーの音楽はミュージシャン達に影響力と魅力があったのでしょうね。

それにしても、皆楽しそうに演奏しているのが音から伝わってきますよね。
デラニー・ブラムレットとボニー・ブラムレット夫婦デュオのボーカルはソウルフルで迫力あって、スカッとします。
クラプトンのギターもご機嫌です。

とにかく、どの曲もグルーヴ感が凄くて、聴いているこちらが楽しく、ワクワクしてきて、何とも言えない高揚感です。
こうなると、クラプトンだけに注目してられないです。

南部の香りがして、R&B、ブルース、ゴスペルにロックに…。
当時の私は思いました、

これがスワンプ・ロックか!


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでOn Tour With Eric Clapton - Delaney and Bonnieをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : デラニー&ボニー オン・ツアー エリック・クラプトン スワンプ・ロック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。