スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南十字星/ザ・バンド

前回のザ・バンドの「アイランド」の記事でも書いたように(詳しくはこちら)、ちゃんと以前のアルバムを聴かないとと思っていたのですが、またしても後期のアルバムを買ってしまいました。

南十字星

南十字星しか~し、このアルバムも名盤です。素晴らしいです。

1975年発表で、初期に比べて、泥臭さは減って、洗練されているとも言えるかもしれませんが、音楽性豊かなサウンドが見事に響いてきます。
(というか、当時高校生の私に響いてきました、思いっきり)

一曲目の「禁断の木の実/Forbidden Fruit」のイントロからトレモロのギターがいきなり印象的で耳に残ります。
「浮浪者のたまり場/Hobo Jungle」のリチャード・マニュエルのヴォーカルはいいですね。この人のボーカルは本当に味があります。

「オフェリア/Ophelia」や「同じことさ!/It Makes No Difference」は名曲ですし、どの曲も本当に良いです。
私は個人的に「アケイディアの流木/Acadian Driftwood」が一番大好きで何度も聴いたものです。なんだか、じ~んときます。

ロビー・ロバートソンのギターが全編に渡って効いていますよね(元々大好きですからね、この人のギター)。というか、今までに比べて随分と弾いている印象です。
全曲ロビー・ロバートソンによるもので、影響力の強さを感じます。

ただ、サウンド的に凄いのはきっとガース・ハドソンですよね。
もともと先進的な音楽家ということで、常日頃色々な事を試していたそうですが、アレンジを含めてこの人が鍵を握っている感じもします。

当時はまだ全てのアルバムを聴いていた訳ではないので分からなかったのですが、今、色々聴き返すと、中期でちょっと影を潜めていた素晴らしいヴォーカル・ワークが蘇ってきた、というかここにきて素晴らしく完成したと言ったら言い過ぎでしょうか。

どの曲もヴォーカルにコーラスが本当に素晴らしい。
(実際は、メンバーそれぞれ色々あって、この時はもう結構ヘロヘロだったようですが…)

実は、今ではザ・バンドのアルバムの中で一番好きなアルバムなんです。
そのため、その魅力を何とか伝えたくて、久しぶりに何回も聴いて、ブログを書いているのですが、いかんせん文章力がなくて伝えきれませんね。もどかしいです。

とにかく本当に良いですよね、このアルバムは。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでNorthern Lights, Southern Cross - ザ・バンドをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ザ・バンド 南十字星

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。