スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミッドナイト・ビリーバー/B.B.キング

数あるB.B.キングのレコードの中で、何故このアルバムを選んだのかは、今となっては思い出せません。
そのアルバムが輸入盤で購入した、

ミッドナイト・ビリーバー

ミッドナイト・ビリーバーこのアルバムの内容は高校生の当時は知らなかったはずなので、恐らく輸入レコード店でたまたま見つけて、値段も手頃だった、と言ったところだと思うのですが、とにかくB.B.キングのレコードは何でも聴きたかったんですよね。

発表は1978年。
輸入盤で詳しい事は分からなかったのですが、このアルバムは、当時、ジャズと言うか、所謂フュージョン・バンドとして大人気のクルセイダーズとの共作ということで、そのサウンドもモダン・ブルースは通り越してしまって、完全にそっち側です。(ジョー・サンプル大活躍)

ブルースを聴こうと身構えると、肩すかしを食らいますが、何の何の、そのサウンドはバックの演奏、女性コーラス、ホーンと相まって、B.B.キングの歌とギターがかなり聴きごたえがあり、何の違和感もなく完全にハマってます。

アルバム・タイトル曲とか、かなりカッコいいです。

 正直言うと、ちゃんと聴いたアルバムとしては「ライブ・アット・ザ・リーガル」の次がこれだったもので、そのサウンドに違いがありすぎてちょっと戸惑いました。

はっきり言って、もうちょっとその他の正統派ブルースのアルバムをきちんと聴かないと、B.B.キングのこともよく分からないと思いましたね。
(いっぱい、リリースされてるんですからね)

それでも当時の私としては、ブルースっぽくはなかったものの、何だか背伸びしたオシャレな音楽を聴いて、ちょっと得したような気分にもなったものです。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでB.B. Kingをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : B.B.キング ミッドナイト・ビリーバー クルセイダーズ Midnight Believer

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。