スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イースト・ウェスト/バターフィールド・ブルースバンド

ホワイト・ブルースと言えば、必ず出てくるのがジョン・メイオールとこのポール・バターフィールドですよね。

ポール・バターフィールド・ブルース・バンドで最初に購入したのが名盤といわれるデビュー・アルバムでしたが(記事はこちら)、彼らの更なる名盤といわれるアルバムを探していました。そして、中古レコード店で見つけました(いつ頃だったかな~)。

イースト・ウェスト

イースト・ウェスト発表は1966年で彼らの2作目ですね。
前作に比べると、シカゴ・ブルース一辺倒という感じではなく、曲調も変化に富んでいる印象ですが、とにかくエネルギーに満ちた意欲作ですよね。

何と言っても、A面、B面それぞれ最後のインストの曲がやはり聴き所なのでしょう。
マイク・ブルームフィールドとエルヴィン・ビショップのギター・バトルと言った所でしょうか。

A面最後の「ワーク・ソング」はキャノンボール・アダレイのヒット曲だそうですが、残念ながらジャズは詳しくなく、そこら辺の情報はよく分からないのですが、このリフは確かに耳にしますね。
ベース・ラインからしてジャジーですが、とにかく2人のギターがスリリングなソロを聴かせてくれています。
マイク・ブルームフィールドがよりそこら辺を意識したギターを弾いていますよね。

B面最後のアルバム・タイトル曲の「イースト・ウェスト」は、13分に及ぶその演奏自体有名ですが、本当に白熱したセッションが聴かれます。
曲調はエキゾチックな感じが全体を支配していて、マイク・ブルームフィールドがそっち系のギター・ソロをかなり弾きまくっていて、対してエルヴィン・ビショップはよりストレートなギターを聴かせてくれています。
ブルースという範疇ではなくなっていますが、聴きごたえ十分ですよね。

ただ、個人的には、この2曲を聴けば聴く程、この2曲における、そしてその他の曲で聴かれるポール・バターフィールドのブルース感溢れる歌とハープが際立ち、この人のブルースのみを追求する純粋な姿勢が感じられてなりません。
本当に個人的な感想ですが、やはりポール・バターフィールドなんですよね、このバンドの要は。

このアルバムを最後にマイク・ブルームフィールドが脱退してしまったのは、そこら辺の違いがあったのかなぁ。
何だかちょっと残念です。

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでEast-West - The Paul Butterfield Blues Bandをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ポール・バターフィールド・ブルース・バンド イースト・ウェスト マイク・ブルームフィールド

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。