スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラプトンからブルースへ~フレディ・キング「Freddie King (1934-1976)」

クラプトンのレコードから、この曲は誰々のブルースのカバーだとか、クラプトンはあのブルースマンがお気に入りだとかの情報を得ると、やはりルーツと言うかベースになっている元の音楽が聴きたくなるもんですよね。

ただし、地方のレコード店にブルースのレコードが入荷する事はほとんどなく、当然の事ながらブルースコーナーなんてものはない。
暇があればレコード店に通い、たまたま入荷していたとき等は、他の人に先に購入されはしないかと焦りながら小遣いを貯めたものです。

で、偶然発見したのがフレディ・キング

Freddie King (1934-1976)

Freddie King (1934-1976)しかもアルバムジャケットには、
"FEATURING ERIC CLAPTON"
と書いてあるではないですか。

※追記…Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでジャケット写真を載せる事にしましたが、当然、所有のアナログレコードとは同じものではないのでご了承願います。
ちなみに所有のジャケットは右上のタイトルの下に丸囲みで「FEATURING ERIC CLAPTON & ALL NEW MATERIAL」と書いてあるのですが、これがどういったタイミングのものなのかは勉強不足でわかりません。すいません。


何かでクラプトンがファンだという情報を得ていて、言わずと知れた、B・B・キング、アルバート・キングと共に3大キングと呼ばれて気にはなっていたので、レコード店で見つけたときは興奮というか、何だか緊張したような記憶があります。

このアルバムはベストアルバムではなく新たにレコーディングされたもので、1976年にフレディ・キングが他界する前の最後のレコーディングのようです(ライナーノートより)。

パンチが効いたギターが何とも心地よく、クラプトンとの共演もあったので、個人的にはフレディ・キング入門としては大満足でした。

当然、次の目標は他のキングという事になったのでした。

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
◆Amazonでフレディ・キングをチェックする。

◆iTunes StoreでFreddie Kingをチェックする。


※画像を追加しました(2011.1.12)

にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : フレディ・キング 1934-1976 エリック・クラプトン

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。