スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャプテン・アンド・ミー/ドゥービー・ブラザーズ

当時のギター小僧にはドゥービー・ブラザーズの「リッスン・トゥ・ザ・ミュージック」、「ロング・トレイン・ランニング」、「チャイナ・グローブ」のリフが格好良くて、コピーしたくてよく聴いていたものです。

カッコつけていた訳ではないのですが、その頃は、すぐに耳に入ってくるメジャーなミュージシャンのアルバムを買うのであれば、まだ聴いたことがないミュージシャンのレコードを買おうとしていました。
まだ耳にしていない素晴らしい音楽があるに違いないと、新しい発見を求めてレコードを探していたものです。
生意気な話ですよね、音楽を聴き出したばかりの小僧なのに。
(今も、たいして知らないのですが…。結局、見栄を張っているだけなんでしょうね)

キャプテン・アンド・ミーそんな訳で、当時は既にメジャーな大物バンドだったドゥービー・ブラザーズも、なかなかアルバムには手が出なかったのですが、ある時買いました。

キャプテン・アンド・ミー

何と言っても、まずはこれでした。
1973年発表の3枚目のアルバムで、上記の「ロング・トレイン・ランニング」、「チャイナ・グローブ」が入っていますからね。

しかし、実はこれ、私には弟がいるのですが、弟の誕生日プレゼントに買ったレコードです。
と言っても、結局、一緒になって聴いている訳ですから、自分が聴きたかっただけだろうと言われれば、身も蓋も無いですが…。

当時のドゥービー・ブラザーズはトム・ジョンストンを中心とした、壮快なギターとストレートなバンド・サウンドを聴かせてますよね。

それでも、なんというか、そのサウンド自体はキッチリしている印象があります。
ウェストコースト・ロックといっても様々なんでしょうが…。

今回久しぶりに聴いたのですが、相変わらず壮快でした。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでThe Captain and Me - ドゥービー・ブラザーズをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ドゥービー・ブラザーズ キャプテン・アンド・ミー ウェストコースト・ロック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。