スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地獄のなんちゃら~キッス第4回/4人のソロ・アルバム

キッス・ソロ BOX前回書きました3枚組「続・地獄の全貌」が出た後(「アライヴ2」の後)、キッスは一旦活動を休止して、各自のソロ・アルバムを制作するんですよね。

4人いっぺんにというのも珍しいですよね。まぁ、メンバー内で色々あったみたいですが。
当時の私には全く事情が分からず、この人気絶頂の中で、なんで活動休止なんだろうと。

しかし、いざ、各自のソロ・アルバムが出るとなると、やはり聴きたくて聴きたくてしょうがなくなり、

キッス・ソロ BOX_imgえ~い、買ってしまえ!

と、小遣いはたいて、4人の全アルバムを買ってしまいました…。
しかも、いっぺんに4枚です。

すると、ボックス入りになるんですよね。どうせ買うならボックス入りが欲しくて…。
小遣い全投入でしたね(笑)。

内容はキッスのサウンドがベースになりながらも、それなりに各自のカラーが出ているのではないでしょうか。(1978年発表です)


ポール・スタンレーPaul Stanley
やはり、この人がフロント・マンなんだと改めて感じる、キッスの延長線上というか、キッスそのままのハード・ロックという感じでしょうか。ほとんど小細工がない分、よりストレートな演奏のようにも感じられます。


ジーン・シモンズGene Simmons
一番バラエティに富んでいて、ハード・ロックという感じではなく、ポップなロック・アルバムという感じで聴きやすいかも。ボブ・シーガー、ジョー・ペリー、ジェフ・バクスター、ドナ・サマー、リック・ニールセン 等のゲスト陣が豪華です。


ピーター・クリスPeter Criss
ドラマーという性格上、ソロ・アルバムとなるとこの人の場合、ヴォーカル・アルバムとなり、やはりあのしゃがれた声で、軽快でポップな音楽を聴かせてくれています。キッスの音とは一番離れているかもしれません。


エース・フレイリーAce Frehley
一番やりたいことを出し切っている感じでしょうか。当然ギター・アンサンブル中心のシンプルなハードロックという感じです。バンド内ではほとんど歌うことがないので、ヴォーカルが新鮮ですね。キッスとはまた違った感じに聴こえます。


それにしても、随分と熱心に聴いていたものです。
何だか、ハードロックのブログみたくなってますが、「地獄のなんちゃら~キッス」はまだ続きます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes Storeでチェックする。
Paul Stanley (Remastered) - ポール・スタンレー

Gene Simmons (Remastered) - ジーン・シモンズ

Peter Criss - Peter Criss

Ace Frehley - エース・フレイリー


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : キッス ソロ ポール・スタンレー ジーン・シモンズ ピーター・クリス エース・フレイリー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。