スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界に捧ぐ/クイーン

中学生の頃に、もの凄く人気があって、当時の音楽雑誌、例えば、ミュージック・ライフ(キッスの記事でも出てきましたが…)なんかには、よく特集を組まれてました。

この頃の音楽雑誌はキッス、クイーン、エアロスミス、アイドル的な所はベイ・シティ・ローラーズで決まりだったのではないでしょうか。

日本ではクイーンもアイドル的に扱われたりして、本当に大人気でしたよね。

世界に捧ぐなので、クイーンのアルバムは普通に全部売られていましたし、何より当時のレンタル・レコード屋にも、珍しく全てのアルバムが揃っていたと思います。
おかげで、その頃のアルバムは、全てレンタルで聴くことが出来ていました。

ところが、その中で1枚だけ持っているのがあります。それが、

世界に捧ぐ

説明するまでもない、1977年発表の、代表曲「ウィ・ウィル・ロック・ユー」と「伝説のチャンピオン」の入った6作目のアルバムですね。

で、何故、このアルバムを持っているかと言うと…。

これは、忘れもしない、友人から借りたレコードなんです。
借りっ放しという訳ではありません。

実は、借りて聴いている時に、ガッツリとキズを付けてしまいまして…。
申し訳なく、買い取ったという次第です。

今も、A面のあちこちでパチパチいって、「伝説のチャンピオン」でも針が飛びそうです。
なんとも懐かしい思い出です。

クイーンは結局この後も借りたりとかで、アルバムはこれ1枚しか持っていません。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでNews of the World (Deluxe Edition) [Remastered] - クイーンをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : クイーン 世界に捧ぐ Queen 伝説のチャンピオン

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。おじゃまします~!

ブログの雰囲気からして、まさかクイーンとは思っていませんでしたが・・・やっぱり、友人からの借り物でしたか(笑)。

借りたレコードって返すまでキズをつけない様にと、いつもヒヤヒヤでした。

もし、もう一度この先QUEENの曲を聞くことがありましたら、デビューアルバム『QUEEN』~『A DAY AT THE RACES』までのアルバムがおすすめです・・・と売り込み・・・(笑)。

あの・・・私の想像なんですけれど、リクエストするとレコードをかけてくれる「洋楽喫茶」とか経営されているんでか。

コメントありがとうございます

> こんにちは。おじゃまします~!

いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。

> ブログの雰囲気からして、まさかクイーンとは思っていませんでしたが・・・やっぱり、友人からの借り物でしたか(笑)。

その通りでした(笑)。

> 借りたレコードって返すまでキズをつけない様にと、いつもヒヤヒヤでした。

そうですよね。借りるときも、貸すときも。

> もし、もう一度この先QUEENの曲を聞くことがありましたら、デビューアルバム『QUEEN』~『A DAY AT THE RACES』までのアルバムがおすすめです・・・と売り込み・・・(笑)。

懐かしいです。カセットテープはさすがにもうどこかにいってしまったので、そうしますね。

> あの・・・私の想像なんですけれど、リクエストするとレコードをかけてくれる「洋楽喫茶」とか経営されているんでか。

そうだったら良かったんですが、残念ながら、ただのレコード好きのアナログおじさんです(笑)。
これからもよろしくお願いします。
プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。