スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アミーゴ/サンタナ

そろそろ、新譜で購入したアルバム以外は購入時期というのも曖昧です。中学か高校時代かそれ以降か。
まあ、もともと個人的な覚え書きの為で、たいした意味はないのですが。

で、いつ頃買ったかなぁ~と、考えながら引っ張り出してきたのがサンタナの、

アミーゴ」(Amigos

アミーゴちょっと思い出したのですが。。。
このアルバム、初めて買ったサンタナのアルバム「ワンネス」(カルロス・サンタナ名義のソロ・アルバムですが)にちょっと物足りなさを感じていて(記事はこちら)、やはり名盤を聴きたかったのですが、そう思っていた矢先に弟が中古で買ってきたアルバムでした。

1976年発表で、横尾忠則氏デザインのジャケットも有名ですよね。

ギター少年にとっては、教則本にも良く出てくる、日本で人気の名曲「哀愁のヨーロッパ」あたりは、既に聴いていましたが、アルバム全体的にはラテン色も強く、加えてダンサンブルな感じもあって、かなりウキウキして聴いたのを思い出します。

それに、やっぱり「サンタナ」というバンドなんですね。
カルロス・サンタナのギターが全般にわたって前面に出てきている、という訳でもないですよね(「哀愁のヨーロッパ」は別ですが)。
バンドとしての躍動感がまずありき、ですね。

「Gitano(ジプシー仲間)」とかは、ラテンというかサルサというか、ジプシーというか(自分でも何だか良く分からないですが)、普通のロック・アルバムを聴いていても耳にすることがない曲で、興味深かったですね。

やはり、まずはここら辺を聴くべきだったのでしょうね。
アルバムとして、初めて“サンタナ”に接しました。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでAmigos - サンタナをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : サンタナ アミーゴ 哀愁のヨーロッパ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。