スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・バンドの「ザ・バンド」

映画「ラストワルツ」で初めて目にして(耳にして)以来、すっかりザ・バンドに夢中になってしまい(それについての記事はこちら)、聴き続けています。

購入の時期の記憶が曖昧になってきてますが、これまで書いてきたように、「ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク」の後、先に後期のアルバム「アイランド」と「南十字星」の2枚を買ってしまい、やっとこのアルバムを手にしました。輸入盤です。

ザ・バンドの「ザ・バンド

ザ・バンド1969年発表のザ・バンド2枚目のアルバムですね。
名盤ですが、随分古いんですよね。ロックの古典ですかね。

ジャケットのメンバーの顔があまりに渋くて、とても20代の表情には見えないですよね(ガース・ハドソンは30越えてますか)。
貫禄あり過ぎです(笑)

さらにその曲自体もかなり渋くて、聴きごたえのある名曲揃いですよね。
渋くて、泥臭いといっても、アレンジにはとにかく緻密さを感じますが。

代表曲を何曲かあげようと思ったのですが、全曲あげないといけないくらいです。
改めて聴くと、個人的にはA面最後の「ウィスパリング・パインズ」やB面の「ロッキン・チェアー」がグッときました。

アメリカ的原風景が見えてくるような気がして(それってどんなのか自分でもさっぱり分かりませんが…)、感傷的にさえなります。

メンバーはリヴォン・ヘルム以外カナダ人なのに…、というかだからこそなのでしょうかね、アメリカを強く感じさせるのは。

やっぱり、まずは聴くべき名盤でした。
いや~、いいですね。やっぱり、いいです、ザ・バンド。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでThe Band - ザ・バンドをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ザ・バンド

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。