スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イン・マイ・オウン・ドリーム/バターフィールド・ブルース・バンド

In My Own Dream_img買ってショックでした。
ポール・バターフィールドの名前を見つけた~と、喜んで買って、家に帰って盤を取り出してみたところ、B面が一部変色してるではないですか…。中古の輸入盤です。
原因は今でも分からないのですが、この変色は何なんだろう?

聴く分には特に問題はないのですが、結構ビックリしました。
アナログ・レコードの中古盤は、盤の状態まで確認した方がいいのかなぁ、やっぱり。
で、そのアルバムが、

In My Own Dream

In My Own Dream1968年発表で、バターフィールド・ブルース・バンドの4作目のようですね。
(輸入盤ですし、あまり情報がなく良く分からないです)

マイク・ブルームフィールドの脱退後ですから、ギターはエルヴィン・ビショップが頑張っています。

サウンドとしてもホーンを大きく取り入れていて、その他のメンバーとしてサックスにはその後有名になるデイヴィッド・サンボーンがいますね。
ヴォーカルもポール・バターフィールド以外のメンバーがとっている曲が多いです。

そのせいか、それまでに聴いていた名盤といわれる1枚目及び2枚目とは、サウンド的には随分と趣が違い、色々と模索しているのでしょうが、個人的にはちょっと中途半端な感じがして、残念ながらあまり印象のないアルバムでした。

改めて聴き直すと、それなりに楽しめるのですが、(本当に個人的なんですが)ポール・バターフィールドのアルバムに対しては、ブルースの期待が勝手に大きくなってしまうものでして…。

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでIn My Own Dreams - The Paul Butterfield Blues Bandをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : バターフィールド・ブルース・バンド In My Own Dream ポール・バターフィールド

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。