スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ウッドストック」/「ラストワルツ」〜2本立ての思い出

高校生の頃だったか、当時は海外ミュージシャンの映像を観る事はほとんど皆無に近かったのだが、何と札幌で 映画「ウッドストック」と「ラストワルツ」がリバイバルで同時上映するという夢のような組合せがあり、電車に乗って観に行ったことがありました。

何と言っても「ウッドストック」は、その話のデカさから何としても観てみたかった映画で、この映画を観ればロックに対する世界観が大きく広がって行くような気がしていて。

そして間違いなく、圧倒されたのです。

とにかく、その規模の大きさがスクリーンからも伝わってきて、サンタナ、CS&N、ザ・フー、ジョー・コッカー、ジミ・ヘンドリックス 等々、次々と繰り広げられるパフォーマンスもあまりに格好良すぎて、ただただ、一瞬たりとも見逃すまいとスクリーンを凝視していたことを思い出します。

個人的にはこの時初めて聴いた、テン・イヤーズ・アフターの「I'm Going Home」におけるアルヴィン・リーのギターにぶっ飛んでしまって、その後レコードを探して回りました。

社会的意義とか影響とか、愛と平和とかは当時高校生の私にはよく分からなかったのですが、とにかく凄いものを観てしまったという感動に包まれたものです。しばらくは、CSN&Yの「ウッドストック」が耳から離れませんでした。

以後、出演者たちの曲を聴く為にレコードを購入していくのですが、残念ながら、「ウッドストック」自体のアナログレコードはもっていないんです。
映画もその後何回も観たのですが、アナログレコードとは不思議と縁がありませんでした。


さて、この時の同時上映では、気持ち的には「ウッドストック」がメインで、「ラストワルツ」についてはザ・バンド自体あまり知らなくて、この頃一番好きだったクラプトンが好きなバンドで、自身も出演しているのでそれが楽しみだった、という程度だったのですが…。

実はこの日一番衝撃を受けたのは、何を隠そう「ザ・バンド」の方だったのです。
次は、同時上映でこの時観たザ・バンドの「ラストワルツ」についてつぶやきたいと思います。


※その映画「ラストワルツ」のつぶやきはこちら。
映画「ラストワルツ」/ザ・バンド


   

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ウッドストック 映画

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。