スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホッグ・ヘヴン/エルヴィン・ビショップ

バターフィールド・ブルース・バンド関係が続いています。

ギタリスト二人のうち、マイク・ブルームフィールドに比べて、よりロックよりのストレートなブルース・ギターを弾いていたエルヴィン・ビショップも、かなり気になっていました。

脱退後のソロ活動の詳細は知らなかったので、その後にどんなアルバムを出していたのかは全く知らなかったのですが、ある時、中古の国内盤でソロ・アルバムを見つけて買いました。

実は、とびついた、という程ではなく、とりあえず聴いてみよう、という程度だったんです。その時は…

ホッグ・ヘヴン」(Hog Heaven

ホッグ・ヘヴン1978年発表です。
エルヴィン・ビショップはバターフィールド・ブルース・バンドの後、グループを結成しソロ活動を始めて以来、ずっとアルバムを出し続けているんですね。

先に書いたように、このアルバムを聴くまでは、ソロでどんな音楽をやっているか知らなかったのですが、実際聴くとブルースのアルバムではないんですよね。
しかし、気に入ってしまったんです、これが。

ギターもヴォーカルも楽曲も、ジャケットさながら土臭くて田舎っぽくて、肩に力が入ってなくて。
ブルース、R&Bをベースにしたその音は、荒削りながらも抜群に心地良いです。
ホーンなんかも入っていて、「オー・ベイブ」とか最高にご機嫌ですよね。

実は、今回ライナー・ノーツとジャケット見ていて初めて知ったのですが、エイモス・ギャレットとマリア・マルダーが参加しているんですね。ちゃんと見直すものですね。知らなかった…

もちろん当時はこの2人のことはまだ知らなかったのですが、その後別の流れでよく聴くようになったので、エルヴィン・ビショップと一緒に演奏しているのを改めて聴くと、何とも楽しいものです(そのうち、この2人もこのブログに登場する予定です)。

ここから、エルヴィン・ビショップ熱が上がっていったんですよねぇ(一人物思いです)。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでElvin Bishopをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : エルヴィン・ビショップ ソロ ホッグ・ヘヴン

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。