スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーナード・スキナードのライブ・アルバム

前回の記事の最後に、“肩に力が入っていない音楽~云々~”と書いたばかりですが、思いっきり肩に力が入るバンド、レーナード・スキナード登場です。

レーナード・スキナードを初めて聴いたのは、以前書きましたが、高校の時のバンド仲間から借りたレコードでした。
当時は、ギターがカッコいいと思ったバンドを一生懸命聴いていたのですが、レーナード・スキナードは中でもかなり衝撃受けました。
何たってトリプル・ギターで弾きまくってますから。

何枚かはその友人から聴かせてもらっていたのですが、初めて手にしたアルバムは、

One More From The Road

One More From The Road1976年発表の有名な2枚組のライブ・アルバムですね。

とにかく、ガツンときます。
聴いていると、力が入ってきますね。

「フリーバード」なんか、後半に入ってくると熱く燃えてきます(笑)。鳥肌ものですね。
「スウィート・ホーム・アラバマ」とかもいいですよね。それと、J.J.ケイルでお気に入りの「コール・ミー・ザ・ブリーズ」もここで聴くことが出来ます。
J.J.ケイルの渋い曲がこんな感じにアレンジされているんですよね。

購入したのは中古の輸入盤で、勉強不足もあり、詳細が良く分かってないのですが、内ジャケットの曲紹介の順番が、
Record one/Side one
Record two/Side two
Record two/Side three
Record one/Side four
となっていること。つまりレコードの1枚目(Record one)のA面がSide oneで、B面はSide four…?
それと、One More From The RoadのタイトルでForに×をしてFromになっているのは?
う~ん、ちょっと調べてみようかな。

当時はまだよく分かっていなかった、サザン・ロック。
このジャンル(ジャンル分けは本当は良く分かってないので、あまり気にしてなかったのですが)、気に入りました!
正直、当時はオールマンより、レーナード・スキナードの方を一生懸命聴いていたような気もします。
(デュアン・オールマンはクラプトンつながりで別でしたが)

この後、なんだかんだ言っても、サザン・ロックという“ジャンル”に敏感になってしまいました。 

1977年の飛行機事故でロニー・ヴァン・ザント、スティーヴ・ゲインズらが亡くなった悲劇については、改めてここでするまでもないでしょうが、ただただ残念です。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

このCD色々追加されていて、聴いてみたいですね。

◆iTunes StoreでOne More from the Road - Deluxe Edition (Live) - レーナード・スキナードをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : レーナード・スキナード ライブ One More From The Road

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。