スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バップ・ドロップ・デラックス/ライ・クーダー

どうしても趣向的に、ブルースをベースにした音楽、ギター中心のロック等を追いかけていた中にあって、ある特定のジャンルにとらわれないとでもいうか、音楽性が豊かで、どうも他のミュージシャンと趣が異なります、ライ・クーダー

この人のアルバムで2枚目に手にしたのが、

バップ・ドロップ・デラックス
Bop Till You Drop

バップ・ドロップ・デラックス1979年の発表で、輸入盤を手に入れました。
ジャケットがカッコいいですよね(ちょっとキメ過ぎかな…)。
確か、当時の音楽番組「ベストヒットUSA」(今もやってますが)のジャケットが次々と現れるオープニングの中に、このジャケットも出てきてたのではないでしょうか。
何だか印象に残っているんですよね。

このアルバムは、様々なルーツ・ミュージックを取り入れているこの人のアルバムの中でも、R&B等の黒人音楽の色合いが強い方ではないかと感じていた所、そっち系のカバーが多くを占めているんですね。
チャカ・カーンが参加したりしてますし。

輸入盤になると、アルバムの内容詳細がさっぱり分からなくなってしまうんですよね(調べろっていう話ですが…)。
出来れば、その原曲を知りたい所ですが、分かりません。

曲調がそういうこともあって、ややポップではありますが、ライ・クーダーのアルバムの中では、かなり好きな方です。

クリアでテクニカルだけど心にしみるギター。決して上手いとは言えないけど、味のあるヴォーカル。
A面最後の「ワーク・アウト・ファイン」(I Think It's Going To Work Out Fine)はインストですが、スライドがいいですね。しみじみ聴いてしまいます。グッときますね。

この人は、とにかく懐が深いですね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでBop Till You Drop - ライ・クーダーをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ライ・クーダー バップ・ドロップ・デラックス Bop Till You Drop

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。