スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンキー・ナイト/ジョニー・ギター・ワトソン

いきなり何故この人?という感じで、唐突感はありますが、実際、買った本人も唐突な感じがしていました…。
ジョニー・ギター・ワトソンです。

よくやっちゃうんですよね。
他にまずは聴いた方が良いとされる名盤はたくさんあるのに、何故か名前を聞いたこともないミュージシャンのレコードを、“ひょっとして発見かも”と手を出してしまうことが。
何せ、当時はそれを調べる手だてと言うか、情報自体があまりに少なかったですからね。

新譜で発売されていたのですが、ブルース・アルバムと思った訳ではないですが、買ってしまいました…。

何たって、名前に“ギター”が入ってましたから(笑)。浅はか…。
ジョニー・ギター・ワトソンで、

ファンキー・ナイト」(That's What Time It Is

ファンキー・ナイト発売は1982年でしょうか。
実際、内容は当時流行っていたと思われる、ブラック・コンテンポラリーというかファンクというか…。

ジャケットの通り、クールでオシャレな音楽でした。
これはこれで、曲もペキペキのギターもカッコよくて、結構聴いたのですが、少なくとも当時の私が求めていたアルバムではなかったのも事実です。
レコード・ラックの中でもかなり浮いています(笑)。

ただし、
この人、ただの流行のファンキーなおじさんではなかったんですね。

1950年代から活躍する、ゲイトマウス・ブラウンの流れを汲むとも言われる、当初はバリバリのブルース・マンだったんですね。

そのころのアルバムも聴いてみたくなりました。
数多くのレコードを残しながら、時代と共にサウンドを変化させていったんですね。それも凄いです。

新譜ではなくて、昔のアルバムを手に出来ていれば、とも思ったりしましたが…。
こういうこともあります。

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。

◆iTunes StoreでJohnny "Guitar" Watsonをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ジョニー・ギター・ワトソン ファンキー・ナイト ブラック・コンテンポラリー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。