スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョプリン・イン・コンサート/ジャニス・ジョプリン

でました、ジャニスです。
やはり聴きますよね、ジャニスは。
初めてジャニス・ジョプリンを耳にしたのは、ラジオで流れていた「ジャニスの祈り(Move Over)」でしたが、一度聴いたら耳から離れませんよね、この人の歌声は。

初めて、ジャニス・ジョプリンのアルバムで手にしたのは、やはりと言うか、いつものごとくと言うか、ライブ・アルバムでした。

ジョプリン・イン・コンサート
Joplin In Concert

ジョプリン・イン・コンサートジャニスの死後、1972年に出された2枚組のライブ編集盤ですが、買ったのは「ミュージック・ライフ選定、ロック・ベスト100」といシリーズで、1976年(たぶん)に国内盤で再発されたもののようです。
(出ました「ミュージック・ライフ」。懐かしい)

1曲目の「ダウン・オン・ミー」から、無茶苦茶カッコいいです。

A面はビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー時代の1968年と70年に行われたライヴからの編集で、B面はフル・ティルト・ブギー・バンドとの1970年のライブからです。

ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニーの方は演奏がちょっと辛いですね。
あまりバンドに恵まれていないという印象は元々あったのですが…。
対してフル・ティルトの方はやはり良い演奏を聴かせてくれています。
まあ、そういう演奏のことは気にならない程のジャニスの圧倒的な迫力と存在感ですが。

最後の収録曲「ボール・アンド・チェイン」まで、心の叫びといったら陳腐ですが、迫り来る、魂の歌声ですね(ってやっぱり陳腐ですね。表現力が乏しい…)。 
とにかく感動ものです。

曲の合間にはジャニスの楽しそうなMCも結構入ってまして、歌の凄さと相まって、何だか切なくなってもきます。
チャーミングなジャケット写真も…。

一応、書き留めておきますが、1970年10月4日、満27歳没。
悲しく、そして残念です。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでJoplin In Concert - ジャニス・ジョプリンをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ジャニス・ジョプリン ジョプリン・イン・コンサート ライブ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。