スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ONE WAY OUT/エルモア・ジェイムス

強烈なボトルネック・ギターが一度聴いたら忘れられないエルモア・ジェイムス
初めて手にした「ダスト・マイ・ブルース」(記事はこちら)の次に手にしたエルモア・ジェイムスのアルバムが、

ONE WAY OUT

ONE WAY OUTジャケットに1981年と記載されている輸入盤ですが、当然ベスト盤です。

ただ、まったく、本当にまったくアルバムの詳細が分かりません。
何だか、裏ジャケットには、Printed in Italy の文字が…。
イタリア…?

まあ、正直何も気にせずに、エルモア・ジェイムスの曲が一杯聴くことが出来ると思って飛びついた感じですね。

エルモア・ジェイムスの曲をそんなに詳しく知っている訳ではないのですが、恐らく有名な曲がある程度収録されているのではないでしょうか。
A面B面各8曲、計16曲が収録されていて、エルモア・ジェイムスのブルースをたっぷり楽しむことが出来ます。

各曲の収録年度までは分からないのですが、「ブルーム調」のボトルネック・ギターがバリバリの曲から、スローな曲まで幅広く網羅されているのではないでしょうか。
(曲順はバラバラのようですが)

クラプトンがアルバム「461 オーシャン・ブールヴァード」でカバーした、「Talk To Me Baby (I Can't Hold Out)」から始まり、「Shake Your Moneymaker」「It Hurts Me Too」「The Sky Is Crying」「Standing At The Crossroads」「Rollin' And Tumblin'」等々。
そして、最後の「Dust My Broom」まで(何だか、あちこちで聴いたことのある曲ばかりですね)、どの曲もエルモア・ジェイムスのブルースがカッコいいです。

とにかくどの曲もシャウト気味のヴォーカルが魅力たっぷりで、ギターがパワフルで、聴きごたえがあります。

まったく、素性の分からないアルバムですが、エルモア・ジェイムスをより知ることになった大切なアルバムです。


※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。

◆Amazonでエルモア・ジェイムスをチェックする。

◆iTunes StoreでElmore Jamesをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : エルモア・ジェイムス ONE WAY OUT

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。